野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

今秋ドラフト候補の東北福祉大「4番」打者 2安打1打点で白星発進に貢献

仙台六大学野球春季リーグ戦が8日、開幕した。昨秋のリーグ戦2位から巻き返しを図る東北福祉大は最上級生の活躍で、東北大に7-0で7回コールド勝ち。今秋のドラフト候補である東北福祉大・楠本泰史(4年・花咲徳栄)は8球団11人のスカウトが注目する中、「4番・中堅」で先発出場すると4打数2安打1打点の活躍。マルチ安打でチームを快勝に導くなど、大学野球ラストイヤーで好スタートを切った楠本は、白星発進に「ホッとしています」と安堵の表情を見せた。

「4番・中堅」楠本泰史、大学最終年に「誇りを持ってやりたい」

 仙台六大学野球春季リーグ戦が8日、開幕した。昨秋のリーグ戦2位から巻き返しを図る東北福祉大は最上級生の活躍で、東北大に7-0で7回コールド勝ち。今秋のドラフト候補である東北福祉大・楠本泰史(4年・花咲徳栄)は8球団11人のスカウトが注目する中、「4番・中堅」で先発出場すると4打数2安打1打点の活躍。マルチ安打でチームを快勝に導くなど、大学野球ラストイヤーで好スタートを切った楠本は、白星発進に「ホッとしています」と安堵の表情を見せた。

 類い稀なるバットコントロールが武器の楠本が、しっかりと修正能力を見せた。初回の第1打席は無死一、二塁でセンターフライ。早くも2回に回ってきた第2打席では「フライアウトだったので、打球を上げないことを意識しました」と、1打席目の反省を生かした。2死二塁の場面で打席に立つと、低い弾道でライトへ適時打を放ち、打点をマーク。3打席目もライトへの安打でチャンスを作った。

 この日は3番・菊名裕貴主将(4年・仙台育英)が3打数3安打2打点、5番・寺田和史(4年・聖望学園)が2打数2安打2打点と、4年生の「クリーンアップ・トリオ」が奮闘。投げても、鈴木天斗(4年・仙台育英)、大園裕也(4年・神戸国際大付)、山田英紀(4年・市立和歌山)と、やはり最上級生が完封リレーでつないだ。

 指揮を執る元西武の大塚光二監督は「4年生が中心のチーム。4年生が頑張ってくれている」と称え、白星スタートに「合格点!」と二重丸を与えた。楠本も「監督からも(村瀬公三)助監督からも『4年生が頑張らないと勝てない』と言われている。4年生が頑張れてよかったです」と、同期の力でつかんだ勝利を喜んだ。

人気記事ランキング