野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 近鉄、阪神でプレーした指揮官も一目置く打撃 名門・天理の小さな強打者

近鉄、阪神でプレーした指揮官も一目置く打撃 名門・天理の小さな強打者

172センチ、77キロと決して体は大きくない。だが、打席に立つと数字以上に大きく見える。名門・天理の4番に座る神野太樹のことだ。

20170507_highschool

夏は絶対に誰にも負けない――天理の4番・神野の強い決意

 172センチ、77キロと決して体は大きくない。だが、打席に立つと数字以上に大きく見える。名門・天理の4番に座る神野(じんの)太樹のことだ。

「左方向、右方向、センター方向と、どの方向にも打てる。バットコントロールも良いですし、あの体の大きさながらパンチ力もあるんです」

 近鉄、阪神でプレーし、15年8月から監督を務める中村良二監督も神野の打撃力の高さには一目置いている。

 7日に行われた春季奈良県大会準々決勝・橿原学院戦。9-0で8回コールドと圧倒したこの日の試合でも、その実力の片りんを見せた。6-0で迎えた8回表。1死満塁の好機に右中間に鋭い打球を飛ばした。走者一掃のタイムリー三塁打となり、コールドゲームを決定づける一打となった。類いまれな脚力も持ち、あっという間に三塁に到達。パンパンに膨らんだ太ももからも未知数なパワーを感じるが、そのセンスの高さは入学時からひと際、精彩を放っていた。

 1年夏の県大会から背番号20をつけてベンチ入りし、夏の甲子園では背番号が9になった。初戦の創成館(長崎)戦では「8番・右翼」でスタメン出場するなど、すでに大舞台も経験済みだ。結果はサヨナラ負けを喫し、初戦敗退。「甲子園は楽しかったけれど、あっという間に終わってしまった記憶しかないです」と振り返る。

 秋からは打線の中心に立ち、2年生になると1番を打つようになった。旧チームから2年生が多く出場していた天理。だが、昨年の奈良県の高校野球をリードしていたのはライバルでもある智弁学園だった。昨春のセンバツで初優勝を飾り、一気に注目度が増したライバルを前に「うらやましいと思ったけれど、自分たちだって負けられない」と対抗心をむき出しにしてきた。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中