野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「ラクしても成長ない」― 「壁」求めるソフトBドラ2左腕に大器の予感

もはや、そのレベルにはないのかもしれない。ソフトバンクのドラフト2位ルーキー、古谷優人投手のことだ。24日、タマホームスタジアム筑後で行われたホークス3軍と、四国アイランドリーグplusの愛媛マンダリンパイレーツとの定期交流戦。最速154キロを誇る左腕が先発マウンドに上がり、6回を投げて、許した安打はわずか2。無失点に封じる好投だった。

20170527_furuya

和田直伝の2シームを封印したドラ2古谷「ここでラクをしても成長しない」

 もはや、そのレベルにはないのかもしれない。ソフトバンクのドラフト2位ルーキー、古谷優人投手のことだ。24日、タマホームスタジアム筑後で行われたホークス3軍と、四国アイランドリーグplusの愛媛マンダリンパイレーツとの定期交流戦。最速154キロを誇る左腕が先発マウンドに上がり、6回を投げて、許した安打はわずか2。無失点に封じる好投だった。

 許した2本の安打も、痛打されたものではない。初回2死から、ドミニカ人のポロに許した二塁打は、どん詰まりの打球が右翼線にポトリと落ちたもの。2回先頭の古川の安打も、詰まった当たりが二遊間に飛んだ二塁内野安打と、2本とも不運な当たりだった。3回以降はパーフェクト投球。5個の三振を奪い、6回を81球で片付けた。

 結果は秀逸ではあったが、古谷本人は「今日は良くなかったですね。球速もあまり出ていませんでしたし、いい球がいったと思っても、142キロとかだった。悪い中で低めに集めてゴロを打たせることは出来ましたけど……」と言う。この日の最速は147キロ。初回は140キロ台中盤をマークしていたが、2回以降は140キロ台前半がほとんどだった。

 この日も真っすぐとスライダーが組み立ての大部分を占め、カーブをいくらか交えた程度。練習中のチェンジアップはまだしも、以前に記した「和田毅直伝」の2シームも使わなかった。なぜか――。「2シームを使うと、ラクになるんです。でも、ここでラクをしても、それでは成長しないと思うので」と、飽くなき向上心に基づく狙いだった。

人気記事ランキング