野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • メヒアら助っ人の活躍の裏にペタジーニあり 敏腕代理人が明かすエピソード

メヒアら助っ人の活躍の裏にペタジーニあり 敏腕代理人が明かすエピソード

メジャーでプレーしたいという日本の野球選手がいるように、日本でプレーしたいという海外の野球選手もいる。おそよ20年にわたり、日本と世界の架け橋になっているのが、ピーター&エドワードのグリーンバーグ兄弟だ。

メヒア、エスコバーら今季NPBに6選手を送り込むグリーンバーグ兄弟

 メジャーでプレーしたいという日本の野球選手がいるように、日本でプレーしたいという海外の野球選手もいる。おそよ20年にわたり、日本と世界の架け橋になっているのが、ピーター&エドワードのグリーンバーグ兄弟だ。マディソン・バムガーナー(ジャイアンツ)、カルロス・コレア(アストロズ)、クリス・アーチャー(レイズ)、マーカス・ストローマン(ブルージェイズ)ら、野球部門だけでも数百人の選手と代理人契約を結ぶ米国屈指の巨大スポーツエージェント会社・The Legacy Agency (TLA)で、主に中南米やアジアの選手を担当する敏腕代理人として、その名を知らしめている。

 2人は、メジャーではホセ・レイエス(メッツ)、アルシデス・エスコバー(ロイヤルズ)、マーティン・プラド(マーリンズ)、ロベルト・オスナ(ブルージェイズ)らスター選手を担当。1990年代後半からは、ロベルト・ペタジーニ(元ヤクルト)、アレックス・ラミレス(現DeNA監督)ら外国人選手と日本球界をつなぎ、大成功を収めてきた。

 今季もエルネスト・メヒア(西武)、エドウィン・エスコバー(日本ハム)、ディーン・グリーン(ヤクルト)、クリス・マレーロ(オリックス)、エルビス・アラウホ(中日)、ホルヘ・ロンドン(中日)ら、数多くのクライアントを抱える。独立リーグにも元ソフトバンクのバリオス(BCリーグ富山)ら3選手がプレー。「今季日本でプレーする外国人選手を一番多く抱えているのは、おそらく私たちだと思います」と自負するグリーンバーグ兄弟が、今月、担当選手の激励と日本球界の視察で訪日。忙しいスケジュールの合間を縫って、Full-Countの独占取材に応じてくれた。

 現在、担当選手の中で最も活躍しているのは、西武のメヒアだろう。ややスロースタートではあったが、交流戦が始まると調子は急上昇。交流戦では打率.306、4本塁打、15打点の成績で、10勝7敗1分と勝ち越しているチームに大きく貢献した。今季は体を絞って試合に臨む来日4年目野手に話が及ぶと、兄ピーター氏は「今年は少し違ったエルネストの姿を見せられると思います」と切り出した。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中