野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 稀代の強打者プホルスの活躍の裏に日本人の存在「彼との出会い大きかった」

稀代の強打者プホルスの活躍の裏に日本人の存在「彼との出会い大きかった」

同じ2001年に鮮烈なメジャーデビューを飾り、両リーグの新人王に輝きながら、今も第一線で存在感を放つ2人の偉大なプレーヤー。年の差はあるものの、エンゼルスのアルバート・プホルス内野手(37)とマーリンズのイチロー外野手(43)が長いキャリアを送れているのは、共に身体のケアに対する意識が高い点にありそうだ。

エンゼルスのアルバート・プホルス【写真:Getty Images】
エンゼルスのアルバート・プホルス【写真:Getty Images】

イチローと同じ2001年にデビュー、600発打者プホルスの長いキャリアを支えるもの

 同じ2001年に鮮烈なメジャーデビューを飾り、両リーグの新人王に輝きながら、今も第一線で存在感を放つ2人の偉大なプレーヤー。年の差はあるものの、エンゼルスのアルバート・プホルス内野手(37)とマーリンズのイチロー外野手(43)が長いキャリアを送れているのは、共に身体のケアに対する意識が高い点にありそうだ。

 イチローが練習前のストレッチを含め、試合に向けての準備に長い時間を費やすことは、ご存じの通り。一方のプホルスも、誰よりも早く球場入りし、マッサージやストレッチ、入浴をしながら、試合に向けて身体を整えていく。プホルスは言う。

「レギュラーシーズンだけでも162試合。これだけ遠征が多いスケジュールの中、毎日身体を使っているんだから、怪我は付きもの。だけど、今ある身体の状態で最高のパフォーマンスを引き出す努力はできる。疲れて張った筋肉をほぐして、できるだけリラックスした身体を作るためにマッサージを受けるのも、その一環。セントルイスにいた頃から、身体のケアや準備は変わらないが、エンゼルスに来てヨウイチに出会えたことは大きかった」

 ヨウイチとは、エンゼルスでマッサージ・セラピストとして務める寺田庸一氏のことだ。2010年にメッツ入りした高橋尚成の通訳兼マッサージ師として渡米。2011年に高橋と共にエンゼルス入りし、その腕と人柄を買われて、現在もスタッフとしてチームに在籍する。

 プホルスが寺田氏に出会ったのは2012年。スプリングトレーニング中のある日、10年2億4000万ドル(約269億6400万円)という超大型契約を結んで移籍してきたスラッガーは、マッサージを受けてみることにした。

人気記事ランキング