野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

追い続けた井口資仁の背中 ロッテ細谷が受けた「衝撃」

初めてその姿を生で見たのは高校2年生の時だった。野球部の関西遠征の帰りに大阪ドーム(現・京セラドーム大阪)でプロ野球観戦を行うことになった。近鉄バファローズ対福岡ダイエーホークス。細谷圭内野手の脳裏にその時の光景は鮮明に残っている。

ロッテ・井口資仁(左)と細谷圭(右)【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
ロッテ・井口資仁(左)と細谷圭(右)【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

細谷が語る井口の凄さ

 初めてその姿を生で見たのは高校2年生の時だった。野球部の関西遠征の帰りに大阪ドーム(現・京セラドーム大阪)でプロ野球観戦を行うことになった。近鉄バファローズ対福岡ダイエーホークス。細谷圭内野手の脳裏にその時の光景は鮮明に残っている。

「あれが井口選手か! という感じでしたね」

 グラウンドでは一人の選手の動きだけを追っかけた。井口資仁内野手。同じく内野手だった細谷はセカンドを守るスーパースターのプレーを見逃すまいと目を凝らした。チームメートたちがマウンド上の投手と打席のバッターとの勝負に集中をしている中で一人、セカンドを守る背番号「7」の動き方をチェックした。

「どんな風に構えてボールを待っているのか、ピッチャーが投げたら、どういう動きをするのか。カバーの仕方。ポジショニング。そういう細かいところまで、井口さんの動きだけをずっと見ていたのを覚えています」

 憧れの選手だった。だからホークスを離れ、海を渡りシカゴ・ホワイトソックスに移籍後もその活躍を追っかけ続けた。高3の夏。テレビの向こうの井口はメジャーで活躍を続けていた。印象深いのは当時ヤンキースに在籍をしていたランディ・ジョンソンから右に本塁打を打ったシーン。誰もが知るメジャー屈指の投手から日本人打者が逆方向に大きな弧を描いて、軽々とホームランを打ったシーンは衝撃的だった。

 そして細谷は05年10月に行われた高校生ドラフト4位でマリーンズに入団をした。08年にプロ初安打初打点を記録するなど20試合に出場をして徐々に頭角を現した。迎えた09年1月下旬。衝撃のニュースが飛び込んできた。井口のマリーンズ入り。憧れの選手とチームメートとなった。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中