野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

虎視眈々と力蓄える楽天 来季は若手・新戦力のさらなる台頭でリーグ制覇も

昨年のオフに岸とハーマンを獲得し、ドラフトでは即戦力投手を中心に指名するなど、明確な課題意識を持って今季に臨んだ楽天。打線に外国人選手を3人並べ、「1番・茂木、2番・ペゲーロ」という斬新な戦略も当たり、圧倒的な強さで前半戦を首位で折り返した。

楽天・茂木栄五郎【写真:荒川祐史】
楽天・茂木栄五郎【写真:荒川祐史】

2013年以来のリーグ制覇にも期待、来季の注目選手は?

 昨年のオフに岸とハーマンを獲得し、ドラフトでは即戦力投手を中心に指名するなど、明確な課題意識を持って今季に臨んだ楽天。打線に外国人選手を3人並べ、「1番・茂木、2番・ペゲーロ」という斬新な戦略も当たり、圧倒的な強さで前半戦を首位で折り返した。後半戦は主力の故障離脱が相次ぎ、10連敗を経験するなど苦しんだものの、最終的には4年ぶりのAクラスとなる3位でシーズンを終えている。

 クライマックスシリーズファーストステージでは、2位・埼玉西武を下してファイナルステージに進出。リーグ王者・福岡ソフトバンクの前に敗れたが、チームの成績を大きく伸ばしつつ多くの経験値を得たシーズンだったことは間違いない。ここでは、2013年以来のパ・リーグ制覇も大いに期待できる来季、さらなる活躍が期待される選手たちを紹介していく。

 楽天の期待の選手と言えば、茂木を外すことはできないだろう。ルーキーイヤーの昨季から正遊撃手を務め、チーム最高打率を叩き出し、もはや若手ではなく主力としての重責を担った今季。先頭打者本塁打に象徴される「長打を備える1番」として起用されると、5月には球団生え抜き史上初の2桁本塁打に到達する。

 後半戦は右肘痛に悩まされ、欠場や指名打者としての出場が続いたものの、クライマックスシリーズでは「1番・遊撃手」として全試合に出場。遊撃守備でファインプレーを見せ、史上初となるファーストステージ、ファイナルステージでともに初回先頭打者本塁打を記録するなど、自身初の大舞台で躍動した。

人気記事ランキング