野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「社会人NO1」からプロ入り オリ・ドラ1山岡が1年目に「7勝」を掲げた理由

新人で唯一規定投球回に到達したオリックスのドラフト1位ルーキー山岡泰輔投手。広島・瀬戸内高、東京ガスを経てプロ入りした右腕は「社会人ナンバーワン投手」との期待を寄せられる中、即戦力として先発ローテを守り続けた。1年目の戦いを経験し、どのような収穫や課題を手にしたのか。右腕に話を聞いた。

インタビューに笑顔で応えるオリックス・山岡泰輔【写真:篠崎有理枝】
インタビューに笑顔で応えるオリックス・山岡泰輔【写真:篠崎有理枝】

ルーキーで唯一規定投球回に到達したオリックス山岡

 今季24試合に登板、8勝11敗、防御率3.74の成績を残し、新人で唯一規定投球回に到達したオリックスのドラフト1位ルーキー山岡泰輔投手。広島・瀬戸内高、東京ガスを経てプロ入りした右腕は「社会人ナンバーワン投手」との期待を寄せられる中、即戦力として先発ローテを守り続けた。1年目の戦いを経験し、どのような収穫や課題を手にしたのか。右腕に話を聞いた。

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 開幕からローテーション入りしたものの、プロ初勝利は7登板目の5月28日の敵地ロッテ戦と、なかなか勝ちに恵まれなった。それでも8勝を挙げ、シーズン前に掲げた7勝という目標をクリアした。

「7」という数字は、1年間怪我をせずローテーションを守り抜いた上でいいピッチングができ、さらに打線の援護に恵まれた場合に達成できる数字として思い描いたのだという。達成できそうな現実的な数字を目標に据えた裏には理由がある。ハードルを高く設定しすぎてシーズン中に到達が難しくなってしまった場合、精神面に影響をきたす可能性があると考えたからだ。

「10勝の目標を掲げていて、残り3試合しか投げられないのに5勝しかしていなかったら、もう無理じゃないですか。数字で『だめ』ってなったら、人は諦める。8勝できたかもしれないのに、5勝で止まってしまうかもしれない。勝ちたい思いは当然あるけど、目標にするには、現状では7勝だと思っていました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」