野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

史上最も予想の難しい争奪戦? 米シンクタンクが大谷翔平の移籍先を分析

米国の野球専門シンクタンク「ベースボール・プロスペクタス」は、条件別に大谷の移籍先を予測する特集記事を掲載。日本球界に衝撃を与えてきた男は、どこにいくのか。様々な視点からその行く先をなどを占っている。

メジャー挑戦を正式表明した大谷翔平【写真:田口有史】
メジャー挑戦を正式表明した大谷翔平【写真:田口有史】

全30球団による争奪戦の声も…あらゆる条件で予想した結果は?

 日本ハム・大谷翔平投手のポスティングシステム(入札制度)でのメジャー挑戦が決まってから、1週間が経過した。その間、あらゆる米メディアが、二刀流右腕の移籍先を予想する記事を掲載。新労使協定のもとでは24歳以下の海外選手の契約金は制限され、マイナー契約となるため、資金力のある球団が有利とは限らない。全30球団が獲得を目指すと言われていることもあり、史上最も予想の難しい争奪戦となる。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 米国の野球専門シンクタンク「ベースボール・プロスペクタス」は、条件別に大谷の移籍先を予測する特集記事を掲載。日本球界に衝撃を与えてきた男は、どこにいくのか。様々な視点からその行く先をなどを占っている。

 記事でまず最初に挙げられているのが「金銭面」。新労使協定では、インターナショナルボーナスプールで割り当てられている金額が各球団によって異なっており、これが契約金の制限となるが、その枠は現状でツインズ、レンジャーズ、ヤンキースが抜きん出ていると指摘。その後は以下の順番で続いているという。

パイレーツ
マリナーズ
マーリンズ
フィリーズ
ブルワーズ
ダイヤバックス
オリオールズ
レッドソックス
レイズ
ブレーブス
カブス
ホワイトソックス
レッズ
アストロズ
ロイヤルズ
ドジャース
アスレチックス
カージナルス
パドレス
ジャイアンツ
ナショナルズ
タイガース
エンゼルス
メッツ
ブルージェイズ
インディアンス
ロッキーズ

 記事ではタイガース以下のチームに関してほぼ獲得の望みはないと分析。また、大谷はマイナー契約で加入するものの、1年目で開幕ロースター入り、つまりメジャー契約を結ぶことは間違いない。ただ、メジャー契約となっても、年俸調停の権利を得られる2020年までは最低保証年俸のままになるだろうとも言及している。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」