野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

スカウト魅了「一発でほしいと思った」 西武6位の高校生野手が秘める可能性

ドラフト会議当日の10月26日、新潟県糸魚川市・糸魚川白嶺高校の野球部グラウンド。1、2年生の野球部員に混じり、3年生の綱島龍生選手はいつものように放課後の練習に参加していた。綱島は9月上旬にプロ志望届を提出。3球団から調査書が届いていた。吉報が届いたのは練習終了後。野球部の部室で待機していると、埼玉西武から6位で指名されたことを知る。綱島がその時を振り返る。

スカウト魅了「一発でほしいと思った」

 高校3年間の最高成績は2年秋、3年春の県ベスト16。全国的には無名な選手だが、担当した埼玉西武の鈴木敬洋スカウトは綱島の肩と足に惹かれその姿を追い続けてきた。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 昨年12月、鈴木スカウトは新潟の野球関係者から「糸魚川白嶺に良いショートがいる」と聞き、今年の1月下旬に糸魚川白嶺を訪問。体育館での練習で綱島の高い身体能力に魅了される。11月7日の指名あいさつの際には「一発でほしいと思った」と初めて見た時のことを振り返っている。一方、綱島は鈴木スカウトの訪問に驚いていた。

「最初は『何で自分のことを?』とビックリしました。後で僕の肩と足を評価してくださっていると聞いて、その点を伸ばしていこうと練習に励みました。同時にスカウトの方が見に来るようになって、野球に対して目標ができましたね」

「上の世界で野球ができるかもしれない」と新たな目標が生まれた綱島は、体力強化や強いスイングを意識し打撃力強化にも努めてきた。春先の練習試合になると鈴木スカウトは糸魚川白嶺の練習試合を視察。その試合で綱島はホームランを放つ活躍を見せ、評価を高めていった。

 糸魚川白嶺の丸山卓真監督は「スカウトの方が見に来ても萎縮せず堂々とプレーできる。そんなプロ向きの性格も指名された要因だと思います」と分析する。綱島自身も「見られている意識はありましたね。スカウトの方が来ている前で結果を出さなきゃと思っていました」と言う。今春の大会前には「プロのスカウトがマークする内野手」として新潟県内で注目を集め、その存在が知られるようになる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」