野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 西武
  • スカウト魅了「一発でほしいと思った」 西武6位の高校生野手が秘める可能性

スカウト魅了「一発でほしいと思った」 西武6位の高校生野手が秘める可能性

ドラフト会議当日の10月26日、新潟県糸魚川市・糸魚川白嶺高校の野球部グラウンド。1、2年生の野球部員に混じり、3年生の綱島龍生選手はいつものように放課後の練習に参加していた。綱島は9月上旬にプロ志望届を提出。3球団から調査書が届いていた。吉報が届いたのは練習終了後。野球部の部室で待機していると、埼玉西武から6位で指名されたことを知る。綱島がその時を振り返る。

ドラフトで西武に6位指名された綱島龍生【写真:武山智史】
ドラフトで西武に6位指名された綱島龍生【写真:武山智史】

目標は秋山、「できるだけ早く1軍で活躍したい」

 今夏は3回戦で柏崎工業に延長12回、3対4のサヨナラ負けで敗退。野球部引退後は後輩たちとともに練習を続けてきた。打撃練習ではプロ入りを見据えて木製バットを用い「最初は全くボールが飛ばなかったですが、大分慣れてきました」と自信を持ち始めている。

【PR】タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダゾーン)でコンプリート「よく情報をチェック」

 指名された埼玉西武の印象については「昔から強くて、凄いバッターが多いチーム」と語り、目標とする選手として挙げたのは同じ左打者、俊足巧打タイプである秋山翔吾だった。ドラフト会議後もグラウンドで練習を重ね、「力強さ」をテーマにさらなるレベルアップを図る。

 11月15日、埼玉西武との契約合意が発表された。綱島はプロ入りにあたってこう決意を口にする。

「できるだけ早く1軍で活躍したいと思っています。そのためにもまずは体作りからしっかり取り組まなければ、1年を通して安定した活躍はできない。まずは土台作りからです」

 埼玉西武と言えば、高卒野手がファームで鍛えられ、チームの中心選手に成長する土壌がある。現段階ではまだ「原石」の綱島が、その系譜に名を連ねられるのか。来年1月から「埼玉西武・綱島龍生」がプロ野球選手としてのスタートを切る。

(「パ・リーグ インサイト」武山智史)

(記事提供:パ・リーグ インサイト

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」