野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 西武
  • スカウト魅了「一発でほしいと思った」 西武6位の高校生野手が秘める可能性

スカウト魅了「一発でほしいと思った」 西武6位の高校生野手が秘める可能性

ドラフト会議当日の10月26日、新潟県糸魚川市・糸魚川白嶺高校の野球部グラウンド。1、2年生の野球部員に混じり、3年生の綱島龍生選手はいつものように放課後の練習に参加していた。綱島は9月上旬にプロ志望届を提出。3球団から調査書が届いていた。吉報が届いたのは練習終了後。野球部の部室で待機していると、埼玉西武から6位で指名されたことを知る。綱島がその時を振り返る。

ドラフトで西武に6位指名された綱島龍生【写真:武山智史】
ドラフトで西武に6位指名された綱島龍生【写真:武山智史】

全国的に無名も西武から6位指名を受けた綱島

 ドラフト会議当日の10月26日、新潟県糸魚川市・糸魚川白嶺高校の野球部グラウンド。1、2年生の野球部員に混じり、3年生の綱島龍生選手はいつものように放課後の練習に参加していた。綱島は9月上旬にプロ志望届を提出。3球団から調査書が届いていた。吉報が届いたのは練習終了後。野球部の部室で待機していると、埼玉西武から6位で指名されたことを知る。綱島がその時を振り返る。

【PR】「DAZN」なら西武戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

「内心、指名されると信じていました。でも指名されるか、されないかギリギリの状況だったため、驚きの方が大きかったです。その後にだんだんと指名された実感が生まれてきて、今は『このままではプロでは通用しない』と思いながら練習しています」

 糸魚川白嶺は糸魚川商工時代に夏2回、春1回と計3度甲子園出場した古豪。同校からは関本四十四氏(巨人→太平洋→大洋)、黒坂幸夫氏(鷺宮製作所を経てヤクルト)に続く3人目のプロ野球選手誕生となった。

 糸魚川白嶺は綱島が入学する前年の秋、部員不足で連合チームを組むほどの苦しい状況だった。翌春には現在の3年生が15人入部。糸魚川中時代から捕手だった綱島は入学直後から正捕手となり、3番打者を任される。2年春にはショートにコンバートされ、その俊足と強肩がより生かされることとなる。打撃では外野の間を抜くバッティングが持ち味であり、三塁打を多く放ってきた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」