野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • WBCで2大会連続ベスト4オランダ 競技人口減少の救世主「BeeBall」とは

WBCで2大会連続ベスト4オランダ 競技人口減少の救世主「BeeBall」とは

筑波大学野球研究室は、野球の指導方法や、教育としての野球を広範に研究している。この研究室に学ぶ大学院生が、このほど、オランダの野球について学ぶために現地に赴き、様々な研究を行った。なかには、今の日本の野球界にとっても、示唆に富むレポートがいくつもあった。今回は、オランダで普及している初心者向けの野球ゲームについて、同研究室の大森雄貴さんのレポートを紹介する。

今春のWBCではバンデンハークらを擁して2大会連続ベスト4進出を果たしたオランダ【写真:Getty Images】
今春のWBCではバンデンハークらを擁して2大会連続ベスト4進出を果たしたオランダ【写真:Getty Images】

オランダで普及している初心者向け野球ゲーム

 筑波大学野球研究室は、野球の指導方法や、教育としての野球を広範に研究している。この研究室に学ぶ大学院生が、このほど、オランダの野球について学ぶために現地に赴き、様々な研究を行った。なかには、今の日本の野球界にとっても、示唆に富むレポートがいくつもあった。今回は、オランダで普及している初心者向けの野球ゲームについて、同研究室の大森雄貴さんのレポートを紹介する。

 なお、大森さんは桜美林大学硬式野球部の出身、もと巨人軍、大森剛選手のご子息だ。

―――――――――――――――

 オランダの野球連盟「オランダ王立野球・ソフトボール協会(KNBSB)」は、子どもたちに野球の楽しさを伝え、国内の野球人口の拡大を目指し、2009年より「BeeBall」というベースボール型のニュースポーツを考案し、野球・ソフトボールの普及活動を行っている。

 オランダは、今年のWBCにおいて日本と同じベスト4という成績を残した。しかし、オランダ国内において野球はマイナースポーツとして考えられている。さらに、2007年にKNBSBが行った調査では、野球の競技人口が年々減少傾向にあることがわかった。

 そこで、野球の問題点を明らかにするために、国内の各年代の選手、指導者、保護者などにアンケートを行った結果「他競技に比べ、運動量が少ない」「専用のグラウンドが必要である」「ルールが複雑である」「人数を集めるのが大変」など数多くの課題が上がった。これらの課題を解決するためにKNBSBは野球をより簡略化したスポーツ「BeeBall」を考案した。

 通常、野球は4つのベースを使用するが、BeeBallでは本塁、一塁、二塁の3つのベースからなる三角ベースのグラウンドを使う。これによりグラウンドの角度は60度となり、守備が守る範囲が2/3となる。そのため、守備の必要な人数は5~6人となり、少人数でも行うことができ、少人数ゆえに1つプレーに全員が参加できるようになった。

 また、グラウンドの範囲を狭くしたことにより、体育館などの室内や、狭いグラウンドでも行うことができるというメリットも生まれた。少人数かつ狭い範囲で行うことで、全員がプレーに参加し、野球が持つ「捕る楽しさ、投げる楽しさ、打つ楽しさ」などの本来の楽しみを感じることができる。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」