野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

偉業相次ぐ鳥谷、10年目右腕覚醒、衝撃移籍…金本阪神、2017年10大ニュース

3年ぶりに貯金を作り、2位に食い込んだ阪神。投手陣はリーグトップの防御率を記録し、特に救援陣の奮闘が際立った。クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージで3位・DeNAに敗れて涙を飲んだが、2018年に向けて期待を抱かせるシーズンとなった。そんな阪神の2017年を10個のニュースと共に振り返ってみたい。

今季、2000安打を達成した阪神・鳥谷敬【写真:Getty Images】
今季、2000安打を達成した阪神・鳥谷敬【写真:Getty Images】

まさに超人、骨折してもグラウンドに立ち続ける鳥谷

 3年ぶりに貯金を作り、2位に食い込んだ阪神。投手陣はリーグトップの防御率を記録し、特に救援陣の奮闘が際立った。クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージで3位・DeNAに敗れて涙を飲んだが、2018年に向けて期待を抱かせるシーズンとなった。そんな阪神の2017年を10個のニュースと共に振り返ってみたい。

【PR】「DAZN」なら阪神戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

〇顔面死球も関係なし、鳥谷の連続試合出場記録は継続

 5月の巨人戦(甲子園)で顔面に死球を受け負傷退場し、鼻骨骨折と診断された鳥谷敬内野手。だが、翌日にはフェースガードを着用し代打で出場。その後も試合に出場し連続試合出場は新人だった2004年から1895試合まで伸ばした。今季は3年ぶりの打率3割到達はならなかったものの、史上50人目の2000安打、15人目の1000四球も達した。

〇プロ10年目の桑原が覚醒

 前年、1軍出場なしに終わった右腕・桑原謙太朗投手は自己最多の67試合に登板し4勝2敗、防御率1.51を記録。43ホールドポイントをマークし初タイトルとなる最優秀中継ぎを獲得した。マテオ、ドリスと共に勝利の方程式としてリーグ屈指のリリーフ陣を支えた。

〇まさかの大不振…制球難に陥った藤浪

 藤浪晋太郎投手は今春は第4回WBC日本代表に選出されたがペナントが始まると制球難に苦しみ11試合、3勝5敗、防御率4.12と全ての面で自己ワーストを記録。プロ入り後、初となる不振による2軍落ちを経験した。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬