野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 高校野球
  • 選抜決勝を戦った2人の主将のその後 交わる運命に抱く思い

選抜決勝を戦った2人の主将のその後 交わる運命に抱く思い

大阪でだけでなく、昨春の選抜高校野球決勝でも頂点を争ってきたライバル校のキャプテン同士が、今春、揃って慶應大学の門を叩く。大阪桐蔭、履正社いずれも野球部から慶大に進むのは初めてで、これからどんな歩を進めていくのか早くも注目が集まっている。

舞台は甲子園から神宮へ、再びライバルたちと火花を散らす

「自分に持っていないものを福井は持っていますね。それは羨ましい部分もありますが、福井にないものを自分も持っていると思います。2人で力を合わせる部分は合わせて、4年間しっかりプレーしていきたいです。自分は初めての寮生活。どうなっていくのか分かりませんが、自分が成長していけるためのとても良い環境だと思います。4年になったら、福井がキャプテンになって欲しいですね。自分は……キャプテンはもういいかなと(笑)」

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 同じ東京六大学リーグでは、大阪桐蔭のエースだった徳山(早大)、履正社のエース・竹田(明大)、捕手の片山(立大)などチームメイトやライバルとまた同じ土俵で対戦する。大阪で火花を散らした仲間やライバル同士で、今度は学生野球の聖地を盛り上げるつもりだ。

 目標や夢へ胸を膨らませながらも、福井は最後にこう言って表情を引き締める。

「甲子園で決勝に出たキャプテンが来ると、周囲のハードルが高くなっていると思います。期待は大きいと思いますが、高校での経験を生かして、また4年間日本一を目指していきたいです。大学は自主練習が多いと聞いているので、周囲に流されず、自分のやるべきことをブレずにやっていくことも大事。大学ではリーグ戦を経て日本一になれるチャンスが8回あるので、そのうち3回ぐらいはリーグ優勝して日本一に挑戦したい。早慶戦にも早く出てみたいです」

“野球界の元旦”と言われる2月1日はプロ野球のキャンプインの日。同じくして故郷を離れ、新たな野球人生のスタートラインに立つ18歳がたくさんいる。激戦地・大阪で培った競争心を武器にし、2人の未踏の地での戦いが間もなくスタートする。

(沢井史 / Fumi Sawai)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」