野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 選抜決勝を戦った2人の主将のその後 交わる運命に抱く思い

選抜決勝を戦った2人の主将のその後 交わる運命に抱く思い

大阪でだけでなく、昨春の選抜高校野球決勝でも頂点を争ってきたライバル校のキャプテン同士が、今春、揃って慶應大学の門を叩く。大阪桐蔭、履正社いずれも野球部から慶大に進むのは初めてで、これからどんな歩を進めていくのか早くも注目が集まっている。

慶応大に進学する大阪桐蔭の福井章吾【写真:沢井史】
慶応大に進学する大阪桐蔭の福井章吾【写真:沢井史】

大阪桐蔭・福井と履正社・若林がともに慶大進学、チームメイトに

 大阪でだけでなく、昨春の選抜高校野球決勝でも頂点を争ってきたライバル校のキャプテン同士が、今春、揃って慶應大学の門を叩く。大阪桐蔭、履正社いずれも野球部から慶大に進むのは初めてで、これからどんな歩を進めていくのか早くも注目が集まっている。

 福井章吾(大阪桐蔭)と若林将平(履正社)。実は2人は高校進学前から交流があった。中学時代、福井は箕面ボーイズ、若林は大淀ボーイズに所属。同じリーグで顔を合わせる機会があっただけでなく、共通の友人を介して出かけることも幾度かあり、中学3年の夏には一緒に甲子園を見に行ったこともある。そんな2人が3年後、ライバル校のキャプテン同士となって甲子園で再会し、日本一を争い、大阪でもしのぎを削り……。そして大学ではチームメイトとなる2人は、今どんな思いで大学生活に向けて準備を進めているのだろうか。

 卒業式を控えた1月中旬。少しぽっちゃりした姿の福井が取材の場に現れた。

「ずっと受験勉強に集中していたので、ほとんど体が動かせていなくて……。体がぼてっとしてしまったんですけれど、年末から徐々に体を動かして、年が明けてからはほぼ毎日練習に出ています」

 後輩たちに混じって体を動かし、年明けの5日のチーム始動時もグラウンドに顔を出した。西谷監督にお願いして後輩と共にノックにまじり、時には後輩のボールを受けにブルペンに入ることもある。

「同じメニューをこなしながら、後輩のサポートをする時もありました。自分もこれからしっかり野球ができる態勢にできるようにしています」

 受験勉強から解放されたのは昨年12月中旬。それまでは学校を終えると机に向かい、家に着くのは夜。帰宅しても資料に目を通し、明日の予習のため再び机に向かう日が続いた。現役時は寮生活で野球のみとずっと向き合う日々。ストイックな毎日は当時とさほど変わらなかった。

人気記事ランキング