野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武ドラ1齊藤大が語る「嫌なこと」 言葉ににじむ貪欲さ

明大からドラフト1位で埼玉西武ライオンズに入団した齊藤大将投手。神奈川の桐蔭学園高校では甲子園出場の経験はないものの、明大では1年時からリーグ戦に出場。3、4年時には大学日本代表にも選出され、リーグ通算11勝4敗の成績を残した。今月1日から始まった春季キャンプではA班入りし、即戦力として期待されているルーキーに話を聞いた。

目標は「負けないピッチャー、試合を作れるピッチャー」

 インターネットなどから情報を得るのではなく、人から聞くことが一番学べると考えている。今、一番話を聞きたいと思っているのは、自身と同じ左腕で、昨シーズン16勝を挙げたチームのエース、菊池雄星投手だ。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

「試合が終わってから次の試合までの体のケア、練習に取り組む姿勢、モチベーションの持ち方などを、プロと学生は全然違うと思います。目の前にすごくいいお手本がいるので、学ぶ機会をたくさん作って、聞けることは聞いて自分のためになることを吸収したいと思います」

 昨シーズン、4年ぶりのAクラス入りを果たし、クライマックスシリーズにも出場。59年ぶりの13連勝を記録したライオンズについて「見ようと思っていなくても耳に入ってきて、記憶に強く残りました。走攻守そろったバランスの取れたチーム。強いチームだと再認識しました」と話す。

「投げた試合は全部勝ちたい。負けないピッチャー、試合を作れるピッチャーになりたい」と力強く語るルーキーの活躍は、10年ぶりのリーグ優勝を目指すチームに不可欠な存在となれるか。

(篠崎有理枝 / Yurie Shinozaki)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」