野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武ドラ1齊藤大が語る「嫌なこと」 言葉ににじむ貪欲さ

明大からドラフト1位で埼玉西武ライオンズに入団した齊藤大将投手。神奈川の桐蔭学園高校では甲子園出場の経験はないものの、明大では1年時からリーグ戦に出場。3、4年時には大学日本代表にも選出され、リーグ通算11勝4敗の成績を残した。今月1日から始まった春季キャンプではA班入りし、即戦力として期待されているルーキーに話を聞いた。

特徴あるフォームは高校から、「一番しっくりくる今の形に」

 特徴ある今のフォームになったのは、高校に入った頃だ。指導者にアドバイスを受けたわけではなく、一番投げやすいフォームを自ら試行錯誤してたどり着いた。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

「投げ方は、ずっと自分の投げやすいようにやらせてもらっていて、中学まではもう少し上で投げていたんですけど、結果的に一番しっくりくる今の形になりました」

 試していないのにだめと言われるのが嫌いで、やりたいと思ったことはやってみないと気が済まない性格だ。明大時代のチームメートは齊藤について「自分の意思を最後まで貫き、負けず嫌いで投手に向いていると思う」と話す。

「やってもいないのに、何がだめなのかわからない。それが嫌なんです。とりあえずやってみる。調子が悪くなったときは、プレートの位置を真逆にしてみたり、腕の位置を変えてみたりいろいろ試しました。やれることは全部試して、少しでも『いいな』と思うものがあれば取り入れていきたいと思っています」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」