野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

62年前のハワイキャンプ たった1度のチャンスをものにした野村克也

1956年2月、球団初のハワイキャンプから帰国した南海ナインが伊丹空港に降り立った。ナインたちの一番後から降り立ったのは渋い顔をした鶴岡一人(当時山本姓)監督だった。

野村克也の通算成績
野村克也の通算成績

たった一つの「ハワイの収穫」がのちの大捕手に

 1956年2月、球団初のハワイキャンプから帰国した南海ナインが伊丹空港に降り立った。ナインたちの一番後から降り立ったのは渋い顔をした鶴岡一人(当時山本姓)監督だった。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 鶴岡監督は記者団に取り囲まれた。記者から「ハワイ遠征の収穫は?」と質問が飛んだが、鶴岡監督は「ない」と一言。しばらく間をおいて「たった一つだけ、捕手の野村を見てくれ、これはうまくなった」と言った。野村とは、のちの大捕手、野村克也である。

 野村は1954年、京都・峰山高校から南海に入った。野村自身は巨人に行きたくて願書を出したが返事はなく、南海から返事が来たのでテストを受けたと語っているが、実はそうではなかった。

 野村がいた峰山高校野球部の部長は1958年夏の予選前に南海の鶴岡一人に手紙を書き、「わが校に、一人だけプロでやれそうなタマゴがいる、ぜひ見てほしい」と依頼した。鶴岡一人は富永スカウトを伴って、西京極球場で行われた甲子園の予選で峰山高校の試合を見た。野村に対する鶴岡の第一印象は「どんくさい選手やなあ」というものだった。しかしガラ(体格)がいい。面白いものもある。試合後、野球部の部長と面会した鶴岡は「とりあえずテストを受けさせてください、受けさえすれば合格させますから」と言った。

 鶴岡は言ってからやや後悔したが、約束は約束である。野村は翌年、南海ホークスの一員になった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」