野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 「星野はタフな男だった」 NPB初現役メジャーリーガーが秘める日本愛(下)

「星野はタフな男だった」 NPB初現役メジャーリーガーが秘める日本愛(下)

「日本プロ野球初の現役メジャーリーガー」として知られるジム・マーシャル氏が、Full-Countの独占インタビューに応じた。1950年にプロ入りし、オリオールズ、カブス、ジャイアンツ、メッツ、パイレーツの5球団で内野手としてメジャーキャリアを積んだ同氏は、1963年に中日に移籍。3年間で通算408試合に出場し、打率.268、78本塁打、252打点の好成績を残した。

インタビューに応じたジム・マーシャル氏【写真:盆子原浩二】
インタビューに応じたジム・マーシャル氏【写真:盆子原浩二】

元中日ジム・マーシャル氏へ単独インタ、今も秘める日本への熱い思い

「日本プロ野球初の現役メジャーリーガー」として知られるジム・マーシャル氏が、Full-Countの独占インタビューに応じた。1950年にプロ入りし、オリオールズ、カブス、ジャイアンツ、メッツ、パイレーツの5球団で内野手としてメジャーキャリアを積んだ同氏は、1963年に中日に移籍。3年間で通算408試合に出場し、打率.268、78本塁打、252打点の好成績を残した。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 引退後はカブス、アスレチックスで監督を務め、その後、中日に1軍総合コーチとして復帰。アスレチックスではリッキー・ヘンダーソンをメジャーデビューさせたことでも知られている。86歳となった現在も“日本愛“を持ち続ける同氏は、自身のキャリア、日本の選手や今年初めに急逝した星野仙一氏との思い出などについて語ってくれた。後編。(聞き手・盆子原浩二)

――日本の経験を振り返って、印象に残っている人は?

「全員のことを覚えている。長嶋(茂雄)、王がドラゴンズのスタジアムに来て、いつも私の妻に挨拶してくれていた。何年も経ってから、私の息子に会ったらしく、その時、昔に一度伝えた息子の名前を覚えていた。特別に1日中、長嶋と時間を過ごすことができ、息子も喜んでいたし周りは本当に羨ましがったそうだ。

 たくさんのメモリーがある。全て覚えている。私の妻も日本が大好きだ。当時から交流も多く、いつも笑顔だった。海外に行く時、大変なことは多いが、良き妻を持つことはとても大切だと学んだ。

 そう、君は板東(英二)って覚えているだろう? 彼はピッチャーで、とても面白くていいやつだった。現役が終わっていつだったかな。電車で彼を見かけたんだ。その時に彼はもう有名になっていた。そこで、彼に私は伝えた。首がとても痛いと。なぜと聞かれ、私はいつも守備の時に振り返り、彼が打たれたホームランがスタンドに入るのを見なければならなかった。板東が投げていた試合はホームランが多かったからだと。そうすると彼は笑っていたよ。

 そして星野(仙一)――。とてもストロング! タフな男だった。彼は(ダイヤモンドバックス初代監督の)バック・ショーウォルターととても仲が良かった。彼らとはとてもいい思い出がある。歴史の中の偉大な人物を失った。彼はとてもアグレッシブなピッチャーだった。彼と山本浩二は同じ頃に大学に行ったので仲が良く、試合前は会って親しそうに話していた。だが、いったん試合が始まってから内角をぐんぐん攻めるので山本はよく倒されていたね。私はそれを見て笑っていたものだよね。残念だね……」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」