「僕は今、ローテーション投手ではない」 中日・吉見が明かす胸中、滲む決意

基本は「ストレート」、「打者を翻弄する真っ直ぐを投げたい」

「自分のセールスポイントはやはり制球力。マウンド上では、『そこへ狙って投げる』という感じではなく、『そこに行く』というようにしたい。下半身がしっかり使えて投球フォームが安定していればそれは自然にできること。それを最も大事にしている」 

「言葉にするのは難しいですが、下半身が使えるという感覚は、『使う』というより『使えている』という感じ。そうすれば足を上げた時点で捕手までのラインがイメージできる。あとはそのライン上に身体を乗せるだけ。だから下半身を強く意識してそこに重心を乗せるというイメージはない」 

 制球力の高さに加えて、豊富な球種も持ち味。カーブ、フォーク、パームなど多種多様なボールのすべてが高水準。しかしそれらすべてのベースとなるのは、やはりストレートである。 

「基本になるのはやはりストレート。球速はなくても一番大事な球です。球速にこだわりはないのですが、ストレートにこだわりがないわけではない。回転がよく、打者を翻弄する真っ直ぐを投げたい。それがあるから制球も変化球も活きて来る」 

「自分の中ではすべての球種を、打者に対して真っ直ぐと同じように見せることが理想。故障もあって、ここのところはそれができなかった。真っ直ぐと変化球の違いが分かりやすいから打者もとらえやすい」 

新シーズンにかける決意、「自分自身でも情けない」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY