野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「僕は今、ローテーション投手ではない」 中日・吉見が明かす胸中、滲む決意

18年シーズン、中日で最も気持ちの入っているのはこの投手ではないだろうか。吉見一起。入団以来83勝を挙げている右腕は、本来の輝きを取り戻そうとしている。

中日・吉見一起【写真:荒川祐史】
中日・吉見一起【写真:荒川祐史】

今年の吉見一起は何かをやってくれる― 言葉に滲む33歳の決意

 18年シーズン、中日で最も気持ちの入っているのはこの投手ではないだろうか。吉見一起。入団以来83勝を挙げている右腕は、本来の輝きを取り戻そうとしている。 

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「僕は今、ローテーション投手ではないから。毎日、必死にトレーニングしてコンディショニングを維持して、結果を残し続けないといけない。少しも気を抜けるような状況にはない」 

 冗談まじりではなく、真剣な表情で語る姿に驚かされた。安定感抜群の投球で強豪・中日を牽引。数々のタイトルも受賞してきた。最多勝(09、11年)、最優秀防御率(11年)……。今でも「エース」と呼ぶにふさわしい、存在感があるにも関わらずだ。しかし下半身、肩やヒジの故障、手術などの影響もあるのか、以前のような輝きを発揮できずにいるのも事実である。 

「冷静に見て僕よりいい投手が何人もいるじゃないですか。僕が監督なら間違いなくそっちの投手を使う。実際、ここ数年はまったく結果を残せていない。その間にチームも低迷している。本当に責任を感じていますよ。今自身の僕は『1軍にいていいのか』すら、わからない立場。だからとにかく結果を出すしかない」 

 左腕・小笠原慎之介、大野雄大に加え、若手の柳裕也の台頭もある。ローテーション入りが確約されている立場ではないのは本人が十二分に理解している。 

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」