野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

指名漏れからの逆襲 ロッテドラ4菅野、運命の日に得ていた確かな自信

開幕スタメンに向けアピールを続けているロッテのドラフト4位ルーキー、菅野剛士外野手。2015年のドラフト会議では、明大の同級生、高山俊外野手が阪神1位、坂本誠志郎捕手が阪神2位、上原健太投手が日本ハム1位指名を受けたが、唯一指名漏れを味わった。

同じ指名漏れの悔しさ味わった2選手、交錯する運命

 ロッテのルーキーには、菅野と同じく2015年のドラフトで涙をのんだ選手がいる。ドラフト2位指名を受け入団した藤岡裕大内野手だ。亜大では1年春からリーグ戦に出場。6度のリーグ優勝に貢献し、上位指名が予想されていたものの、まさかの指名漏れ。その後、社会人のトヨタ自動車を経て、念願のプロ入りを果たした。

 リーグは異なるが、菅野は藤岡に学生時代から注目していたという。

「『とにかく肩が強いな』という印象を持っていました。学生時代は話をすることはなかったですが、同級生ですし、下の学年の時から試合に出ていましたから、一目置いていました」

 その藤岡が指名漏れしたことを「当時は自分のことで精いっぱいで、何も考えられなかった」と振り返る。しかし、やがて2人の運命は交錯していく。

 ともに社会人に進み、1年目の都市対抗野球大会の決勝で対戦。昨年は侍ジャパン社会人代表にも揃って選出された。そして、ドラフトでロッテから指名を受けて入団。しかし、指名漏れの過去については2人の間で一度も話題に上ったことはないという。

「代表でもずっと一緒でしたが、ドラフトのことについて話をしたことはありません。自分は社会人に行って経験できたことがすごく大きい。お互い、指名漏れがマイナスだとは思っていないから、話をすることもないんだと思います」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」