野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

指名漏れからの逆襲 ロッテドラ4菅野、運命の日に得ていた確かな自信

開幕スタメンに向けアピールを続けているロッテのドラフト4位ルーキー、菅野剛士外野手。2015年のドラフト会議では、明大の同級生、高山俊外野手が阪神1位、坂本誠志郎捕手が阪神2位、上原健太投手が日本ハム1位指名を受けたが、唯一指名漏れを味わった。

ロッテ・菅野剛士【写真:篠崎有理枝】
ロッテ・菅野剛士【写真:篠崎有理枝】

明大時代に味わった指名漏れ、念願のプロ入りを引き寄せたロッテ菅野

 開幕スタメンに向けアピールを続けているロッテのドラフト4位ルーキー、菅野剛士外野手。2015年のドラフト会議では、明大の同級生、高山俊外野手が阪神1位、坂本誠志郎捕手が阪神2位、上原健太投手が日本ハム1位指名を受けたが、唯一指名漏れを味わった。

「自分だけ指名がなかったのはショックだった」

 当時の心境をそう振り返る。それでもすぐに気持ちを切り替え、中軸を任された社会人の日立製作所では入社1年目の都市対抗野球大会でチームの準優勝に貢献。新人賞に当たる若獅子賞、さらにこの年のベストナインも受賞した。昨年行われたアジア選手権では、侍ジャパン社会人代表として優勝にも貢献。社会人野球の舞台で着実に経験を積んだ。

 そして再び迎えた運命の日。菅野は2年前の出来事が脳裏をよぎることはなかったという。それは、確かな自信を得ていたからだ。

「1年目の都市対抗では準優勝でしたが、日立では初となる決勝に進みました。社会人の日本代表にも選ばれて、アジア選手権でも優勝しましたし、大学の時より結果を出していました。すべてが思い通りではないけれど、手応えはありました」

 トーナメントの大会で1打席、1球の大切さを学び、国を背負う重圧の中でのプレーも経験。自身の長所でもあるバッティングだけでなく、守備や走塁にも力を入れて取り組み、2年の歳月を経て指名を勝ち取った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」