野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武ドラ3右腕“強気発言”の裏側 指名漏れで気づいた「足りないこと」

四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスからドラフト3位指名を受けて埼玉西武に入団した伊藤翔投手。千葉県の横芝敬愛高を卒業後、より早くNPB入りの夢を実現するために独立リーグへ進み、1年目の昨季、最速152キロの速球を武器に独立リーグ日本一に貢献。見事に1年でプロ入りの夢を果たした。

笑顔でインタビューに応じた西武・伊藤翔【写真:篠崎有理枝】
笑顔でインタビューに応じた西武・伊藤翔【写真:篠崎有理枝】

西武ドラ3伊藤翔インタビュー前編

 四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスからドラフト3位指名を受けて埼玉西武に入団した伊藤翔投手。千葉県の横芝敬愛高を卒業後、より早くNPB入りの夢を実現するために独立リーグへ進み、1年目の昨季、最速152キロの速球を武器に独立リーグ日本一に貢献。見事に1年でプロ入りの夢を果たした。

 そんな19歳は、速球だけでなく強気な発言も持ち味だ。伊藤は徳島時代、先輩たちの前で「エースは僕ですから。シーズンが終わったときにわかると思います」と言い放ち、周囲を驚かせた。しかし、もともと負けん気が強かったわけではない。その言葉の裏には、伊藤の意識を変えた出来事があった。

 伊藤は横芝敬愛高3年時の2016年秋、プロ志望届を出していたものの、ドラフトでの指名はなかった。その年のドラフトでは、日本ハムの堀瑞輝投手、埼玉西武の今井達也投手、ヤクルトの寺島成輝投手、楽天の藤平尚真投手ら、自身と同じ高卒の投手が数多く1位指名を受けた。その様子をテレビで見ていたという伊藤は、ドラフトの中継が終わった時に「自分には何が足りないかを考えた」と振り返る。

「自分は『プロに入りたい。活躍したい』という意識が足りなかったんだと思いました。だから高校では勝てなかったし、注目を集める選手にはなれなかった。それまでは『プロに入れたらいいな』くらいにしか考えていませんでした。プロに行ける人は考えていることが違う。意識の問題だと、その時に気が付きました」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」