野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 巨人
  • 巨人史を”変えた”ドラフト 好打者・篠塚和典氏が振り返る1位指名の“真実“

巨人史を”変えた”ドラフト 好打者・篠塚和典氏が振り返る1位指名の“真実“

読売巨人軍の長い歴史を語る上で、欠かすことの出来ない人物だろう。篠塚和典氏(1992年途中までの登録名は篠塚利夫)。現役時代には類まれな野球センスで活躍し、高い打撃技術で安打を量産。通算1696安打と名球会入りはならなかったにもかかわらず、史上屈指の巧打者として、その名前はファンの脳裏に深く刻まれている。

巨人OB・篠塚和典氏【写真:編集部】
巨人OB・篠塚和典氏【写真:編集部】

巨人史上屈指の巧打者が名場面を振り返る連載がスタート、長嶋監督との深い絆とは…

 読売巨人軍の長い歴史を語る上で、欠かすことの出来ない人物だろう。篠塚和典氏(1992年途中までの登録名は篠塚利夫)。現役時代には類まれな野球センスで活躍し、高い打撃技術で安打を量産。通算1696安打と名球会入りはならなかったにもかかわらず、史上屈指の巧打者として、その名前はファンの脳裏に深く刻まれている。

【PR】「DAZN」ならプロ野球が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 Full-Countでは、天才打者が現役時代の名場面を振り返る連載「篠塚和典、あの時」を掲載する。第1回は「プロ入り」。前後編にわたり、長嶋茂雄巨人終身名誉監督との深い絆について、あらためて振り返る。

――――――――――――

 名門球団の歴史上で大きな決断だった。1975年のドラフト会議。巨人は銚子商業高校の強打者として、2年時には全国制覇にも貢献していた篠塚氏を指名した。1年前の甲子園を沸かせていたとはいえ、その後は湿性肋膜炎にかかるなど体力面に不安があると見られていたが、1位指名は篠塚氏の打撃センスに惚れ込んでいた長嶋監督の強い希望だった。

 実は、篠塚氏自身もプロ入りは考えていなかったという。「今の自分の体力で(プロの)練習についていけるかが一番不安でした。だから、アマチュアの日本石油に行くことが決まっていたんです」。実際に日本石油の合宿所に行き、練習も見学した。気持ちは固まっていたが、そんな状況の中で、巨人が自分をドラフトで指名する方針だと伝え聞いた。

 当初、銚子商業の斉藤一之監督(当時)からは「お前、プロ野球で好きなところどこだ?」と聞かれ、元々ファンだった阪神に加えて巨人、中日の名前を挙げていたという篠塚氏。「そういう話をしていたら、巨人から連絡があって。ドキドキですよね」。ただ、最初の感情は、やはり「不安」だった。

「やっぱりジャイアンツの練習はきついというのがあったから。『ついていけないよ』と。私は『巨人の星』で育っていますから。合宿所から多摩川までバスの中でつま先立ちしていくとか(笑)。でも、その前から、あれだけの伝統のあるチームだから、強くなるにはやっぱり練習がきついというのは当然のことだと考えていました」

 長嶋監督が獲得を熱望していることも、1位で指名する方針であることも、実は知らなかった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」