野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

上沢は後を継げるか エースが退団しても新しいエースが誕生する日ハム

主力選手が抜けても、若い選手が活躍することの多い傾向にある北海道日本ハム。その中でも、北海道に移転後、エースと呼ばれる投手が退団した翌年に新たな柱が生まれている。

日本ハム・上沢直之【写真:荒川祐史】
日本ハム・上沢直之【写真:荒川祐史】

主力が抜けても若手台頭&穴埋める

 日本ハムはチームの顔となる選手が抜けても、新しい選手が次々に台頭してくる。昨オフは正捕手の大野奨太が中日、守護神の増井浩俊がオリックス、投手と野手の二刀流・大谷翔平がエンゼルス、セットアッパーのマーティンもレンジャーズに移籍した。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 日本ハム戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 主力選手がごっそりと抜けた今季だが、4年目の22歳・清水優心がスタメンマスクをかぶり、救援陣も新外国人のトンキン、4年目の22歳・石川直也、2年目の玉井大翔、ルーキーの西村天裕といった選手たちが台頭し、大方の予想を覆して現在2位に位置している。

 このように主力選手が抜けても、若い選手が活躍することの多い傾向にある北海道日本ハム。その中でも、北海道に移転後、エースと呼ばれる投手が退団した翌年に新たな柱が生まれている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」