野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ルートインBCリーグにもIT革命 イープラスと組み「スマチケ」導入

本年、12年目を迎えたルートインBCリーグ(以下:BCL)は、モデルチェンジを加えながら、地域スポーツの活性化やNPBに選手を送り込むべく、日々邁進している。2018年シーズンからは、選手がプレーできるのは26歳のシーズンまでとする年齢制限を設ける(オーバーエイジは5人まで)など、挑戦的な取り組みを続けている。

購入から入場まですべてをアプリ上で完結

 本年、12年目を迎えたルートインBCリーグ(以下:BCL)は、モデルチェンジを加えながら、地域スポーツの活性化やNPBに選手を送り込むべく、日々邁進している。2018年シーズンからは、選手がプレーできるのは26歳のシーズンまでとする年齢制限を設ける(オーバーエイジは5人まで)など、挑戦的な取り組みを続けている。そして、観戦スタイルにも変革を起こすべき新たな取り組みに挑んでいる。それが株式会社イープラスとのオフィシャルパートナー契約、そして「スマチケ」の導入である。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 スマチケのキャッチコピーは、「BCリーグの観戦チケットの購入はイープラスで! 購入から入場までアプリで完結!!」。試合の観戦チケットを、購入から入場までイープラスのアプリで完結させるシステムだ。2010年代以降に普及し始めたチケットIT化(電子化)の取り組みはIoT(Internet of Things)とも呼ばれている。“モノをインターネットにつなげる”取り組みは、欧米ではスポーツ界でも常識的に行われており。日本でも、昨年度NPBチャンピオンである福岡ソフトバンクホークスを始め、多くの場面で導入されている。

 2018年シーズンから、BCLは独立リーグとして初めて「スマチケ」を導入した。購入ステップは4段階。

1イープラスのアプリをインストールする
2受け取り方法を「スマチケ」にしてチケットを申し込む
3チケットをダウンロードする
4入場はスマホにダウンロードしたチケットを見せるだけ

 と、全てネットを通じて完結させることができる。当日チケット代の所持金の心配や、コンビニ発券の手数料を払う心配もない。

 各球団で独自の方法を取ってはいるが、これまでの主なチケット区分は
・当日券
・前売り券
・招待券
といったところ。ここに、新たな戦力として「スマチケ」が導入された。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」