早実の先輩・荒木2軍監督が見る日ハム清宮幸太郎「何がすごいって…」

日本ハム・清宮幸太郎【写真:荒川祐史】
日本ハム・清宮幸太郎【写真:荒川祐史】

2軍で経験を積む大物ルーキー、指揮官が語る「幸太郎にとっての大きな財産」とは

 日本ハム・清宮幸太郎。

 多くの実績を引っさげてプロ入りした高卒ルーキーに日本中が注目する。調整遅れなどもあり心配する声もあるが、どうも杞憂に終わりそうだ。数日前、梅雨入り直前の千葉・鎌ヶ谷に清宮はいた。

「技術的にも、メンタル的にもまったく心配していない。それくらい堂々とやっている。自分のやらなければいけないこともしっかりとわかっている。今はたまたまファームにいるけど、ここからさらに成長していくんじゃないでしょうか」

 日本ハム荒木大輔2軍監督は間近に接している大物ルーキー清宮について語ってくれた。

「僕自身は投手出身だから打撃のことほとんどは打撃担当にまかせている。でもアマチュア時代にあれだけの実績を残してきた。幸太郎はキャンプからずっと1軍に帯同していたので、じっくり見るのはファームに来てからが初めて。まず感じるのはスイングがしっかりしている。力強いし速い。これまでも相当振りこんできていたというのはわかる」

「自分もプロの世界にいてわかる部分もあるけど、何がすごいって一流投手が本気で勝負にきていること。普通、高卒1年目の打者なら、相手投手も多少、上から目線的なものがあってもおかしくない。それなのに全力で抑えにくる。それだけでもすごいことだし、幸太郎にとって大きな財産になっている」

 清宮は体調不良で開幕2軍スタート。5月2日に1軍昇格後はスタメン出場の機会も多かったが、 28日に2軍降格。約1か月間の1軍での成績は、打率.179、1本塁打、2打点。即戦力として騒ぐ周囲が満足するような成績を残すことはできなかった。

「まったく問題ない。周囲は大きく騒ぎ立てていたけど、まだ高卒1年目ですからね。本人もそのあたりはわかっているし、気にしている様子もない。今、できることを黙々とやっている。本当にしっかりしていると思う」
 
 高校通算111本塁打。リトルリーグ時代から活躍し、世界的にも注目を浴びてきた。そしてその期待に対して必ず結果で応えてきた。

同じ大物ルーキーだった荒木監督、清宮は「浮ついたところがまったくない」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY