野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

子供たちにもっと野球を WBSCが「ミニ・ベースボール」普及プロジェクト

世界野球ソフトボール連盟(以下:WBSC)は、近年、野球普及活動に力を入れている。イタリアで「Baseball5(5人制野球)」第1回の国際大会を開催し、ホームページで中国、香港、マカオ、台湾アジア圏を中心に、「ミニ・ベースボール」を順次導入すると発表するなど、精力的に活動範囲を広げている。

WBSCがアジアで展開する「ミニ・ベースボール」とは?【写真:Getty Images】
WBSCがアジアで展開する「ミニ・ベースボール」とは?【写真:Getty Images】

10年で野球ソフトボール人口10億人達成計画の切り札

 世界野球ソフトボール連盟(以下:WBSC)は、近年、野球普及活動に力を入れている。イタリアで「Baseball5(5人制野球)」第1回の国際大会を開催し、ホームページで中国、香港、マカオ、台湾アジア圏を中心に、「ミニ・ベースボール」を順次導入すると発表するなど、精力的に活動範囲を広げている。

 今回、ミニ・ベースボールの公式サポート企業に任命されている中国語圏アジア最大のスポーツマーケティング会社の1つ「PCGブロス」に、現状や将来展望について聞いた。

 WBSCのリッカルド・フラッカーリ会長は公式ホームページで「ミニ野球ソフトボールのグローバル推進計画は、これから10年で野球ソフトボール人口10億人達成の目標に合わせたもの。野球やソフトボールの簡易版で道ばたや街中などの狭いところでも楽しめ、世界中誰でもできるスポーツだ」とコメントしている。

 ルールなどを簡易化した野球形式のゲームであり、6歳~10歳の子どもたちに導入することが狙いだ。使用する用具も軽く、打撃はティー台を使用し、ブラスチック製のベースを使用しており、すべての道具がカバン1つに収まる仕組みとなっている。

 普及に先駆け、イベントや道具販売が実施されている台湾では、どのような進展をしているのか、PCGブロスのミニ・ベースボール担当者に話を聞くことができた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」