野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

NPB復帰目指しBCリーグで3年 元Gボウカー感謝「未来の可能性を広げてくれた」

ルートインBCリーグの福島ホープスは今季、4年連続で地区チャンピオンシップに進出を決めた。残念ながら、3年連続で群馬ダイヤモンドペガサスの牙城を崩せずにシーズンを終えたが、3割を超える確実な打撃でプレーオフ進出の大きな原動力となったのが、ジョン・ボウカー内野手だ。

福島ホープスでプレーするジョン・ボウカー【写真:佐藤直子】
福島ホープスでプレーするジョン・ボウカー【写真:佐藤直子】

いつ何時も手を抜かずプレー「若い選手の良きお手本でありたい」

 ルートインBCリーグの福島ホープスは今季、4年連続で地区チャンピオンシップに進出を決めた。残念ながら、3年連続で群馬ダイヤモンドペガサスの牙城を崩せずにシーズンを終えたが、3割を超える確実な打撃でプレーオフ進出の大きな原動力となったのが、ジョン・ボウカー内野手だ。かつてメジャーではジャイアンツ、パイレーツ、フィリーズでプレーし、NPBでは巨人、楽天に所属したベテランは、何を思いながら3年目を迎える福島でプレーしたのか。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 BCリーグ福島に入団したのが2016年以来、毎年3割を超える打率(.322、.384、.359)、通算44本塁打169打点の働きで、打線の中軸を担ってきた。チームの優勝を目指すと同時に、個人として掲げる目標はNPB復帰。今季から26歳までという年齢制限が導入される中、35歳ベテランは手を抜くことなく、誰よりもハツラツとしたプレーを見せてきた(各球団5人のオーバーエージ枠あり)。

 メジャーでは通算240試合、NPBでは通算239試合に出場。チームでは誰よりも多くの経験を持つ助っ人は「若い選手は自分の姿を見ている。良きお手本でありたい」と真摯に野球と向き合い続けた。BCリーグでは、基本的に宿泊を伴う遠征はない。福島から群馬まで片道3時間以上のバス移動をした後で試合を行い、また片道3時間以上をかけて福島へ戻る。翌日にホームゲームを行い、その次の日には新潟へ日帰り遠征。米マイナー時代に5時間を超えるバス移動を繰り返したとは言え、10年以上も前の話だ。日本規格のバスの座席に188センチ、86キロの体はやや窮屈だが、到着すれば文句も言わず、入念なストレッチから1日をスタートさせる。

「自分はメジャーもNPBの1軍も知っているから、時には『これは厳しい環境だ』と思うこともあるけど、若い選手たちは高校や大学を卒業したばかりで、これが当たり前の環境だと思っている。だからこそ、彼らの前では文句は言わないようにしているし、疲れた様子も見せないようにしているんだ。この環境でプレーしながら、いいパフォーマンスを続けられれば、NPBへの道は開ける。みんな、そう思いながら毎日一生懸命にプレーしているから」

 ボウカー自身、NPB復帰の目標は諦めていないが、同時に時間が経つにつれ、実現の可能性が低くなっていることも理解している。岩村監督によれば、昨年とあるNPB球団が獲得に興味を示したことがあったという。だが、ちょうどその頃、練習中にボールを顔に受け、数試合の欠場を余儀なくされた。結局、NPB球団との話は白紙となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」