野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

育成チームのレイア、埼玉アストライアに善戦「女子野球界の未来は明るい」

10月下旬に開幕する女子硬式野球の頂上決戦『第8回女子野球ジャパンカップ』に出場する残り1枠をかけ、埼玉アストライアとレイアが4日に対戦した。

埼玉アストライア戦で好投した レイア・水流麻夏【写真提供:女子プロ野球機構】
埼玉アストライア戦で好投した レイア・水流麻夏【写真提供:女子プロ野球機構】

「ジャパンカップ」出場権をかけて対戦、レイアは「女子プロ野球界への登竜門」

 10月下旬に開幕する女子硬式野球の頂上決戦『第8回女子野球ジャパンカップ』に出場する残り1枠をかけ、埼玉アストライアとレイアが4日に対戦した。

前人未到のW杯30連勝&6連覇 侍ジャパン女子代表を重圧から開放した橘田監督の言葉(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 レイアは、20歳以下の高卒入団選手(原則)のみで編成される球団。次代を担う一流選手の育成を目的にした球団で、2015年春に「レイア」として宮城県仙台市に誕生。2017年から京都府城陽市に拠点を移している。

 レイアはヴィクトリアシリーズに出場することはできず、年間の公式戦は2回(ティアラカップとジャパンカップ出場決定戦)。選手全員が専用の寮で生活し、アマチュアチームとの交流試合や練習と試合運営を重ねる。また、年に3回、鹿児島県の鹿屋体育大学と連携し、スキルアップのため各個人の動作解析を図る合宿を行っている。

 2年間、選手としての技術を磨きながら、1人の人間として成長し、トップチームへ昇格させる独自の育成プログラム。いわば、『女子プロ野球界への登竜門』である。現にレイアから昇格し、トップチームで活躍する選手を数多く輩出する実績を持っている。

 そんなレイアの先発は、今夏のW杯で前人未到の6連覇を果たした侍ジャパン女子代表の水流麻夏。対するアストライアは、ヴィクトリアシリーズでは不振に苦しんだエース磯崎由加里が登板した。

 初回から両投手の変化球中心の投球が冴え、2回裏までスコアに0が並ぶ。先制したのはアストライア。3回に9番・佐々木希がサードゴロエラーで出塁。盗塁と進塁打で1死三塁とし、打席には2番・加藤優。「ボールに合わせず強いスイングをする。三塁走者の佐々木選手は足があるから、最低でも外野フライで1点取れる。磯崎さんがいいピッチングをしていたから何としても先制したかった」。外角高めの直球を捉え、センターへの犠牲フライで三塁走者が生還し、ノーヒットで1点を先取した。

 試合を有利に進めていくため重要な先制点。しかし、先制打を放った加藤の顔に、いつもの爽やかな笑みはなかった。

「こういう試合は何があるか分からない。最後まで油断できない」

 アストライアは、8月5日のティアラカップ香川大会でレイアに9回サヨナラ負けを喫していた。相手が育成チームとはいえ、決して気を緩めることはできない。トップチームの選手にとっても、レイアは侮れない存在になっているのだ。加藤の先制打後、アストライア打線はレイア投手陣の前にヒット2本無得点に押さえ込まれた。

 反撃したいレイアだったが、磯崎の緩急自在の投球の前に自分たちのスイングを崩され、内野ゴロの山を築かされる。何度流れを持っていかれそうになったか……。それでも諦めない。「トップチームにとにかく勝ちたい。ジャパンカップに出場したい」。その一心でミスもカバーし合った。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」