野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

地元愛貫き、鷹一筋でプロ生活全う ホークス本多、6日に現役ラストゲーム

6日、ソフトバンクの本多雄一が13年間の現役生活にピリオドを打つ。“ポンちゃん”の愛称で多くのファンに愛された男は、この日の西武戦を最後に背番号「46」のユニフォームに別れを告げる。

ソフトバンク・本多雄一【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・本多雄一【写真:藤浦一都】

指揮官は1番・セカンドでのフル出場示唆

 6日、ソフトバンクの本多雄一が13年間の現役生活にピリオドを打つ。“ポンちゃん”の愛称で多くのファンに愛された男は、この日の西武戦を最後に背番号「46」のユニフォームに別れを告げる。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

「1番、セカンド、本多」。本多は、6日のゲームの1回裏、このアナウンスに導かれて最初の打席に入ることになるだろう。直後にライトスタンドからは「闘志たぎらせ~」というファンの大合唱が聞こえるはずだ。

 工藤公康監督は「首のこともあるけど、問題なければフルでいってもらいます。(打順は)みんな1番を期待してるんでしょ? ファンのみなさんのイメージも強いと思いますしね」と、1番・セカンドでのフル出場を示唆した。

 3日の引退会見で「最後は思う存分楽しんで、感謝の気持ちを持って臨みたい」と語った本多は、これまでどおりの最高のパフォーマンスを見せるべく、4日もヤフオクドームで練習に励んでいた。

 2度の盗塁王を獲得するとともに、ゴールデングラブ賞も2度受賞。WBC日本代表の一員にもなった。チームの顔としてだけでなく、リーグを代表するプレーヤーとして多くのファンを魅了してきた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」