野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ディオーネが「全員野球」で初戦完勝、1勝1敗に 8日に「年間女王」が決定

女子プロ野球リーグの日本シリーズ女王決定戦が7日、川口市営球場で行われ、ヴィクトリアシリーズ2位の愛知ディオーネが1位の京都フローラを7-0で破った。京都フローラに1勝のアドバンテージがあるため、これで1勝1敗のタイに。8日の第2戦で勝ったチームが「年間女王」となる。

愛知ディオーネ・堀田ありさと只埜榛奈(左から)【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】
愛知ディオーネ・堀田ありさと只埜榛奈(左から)【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】

シーズン2位のディオーネが1位フローラを投打で圧倒

 女子プロ野球リーグの日本シリーズ女王決定戦が7日、川口市営球場で行われ、ヴィクトリアシリーズ2位の愛知ディオーネが1位の京都フローラを7-0で破った。京都フローラに1勝のアドバンテージがあるため、これで1勝1敗のタイに。8日の第2戦で勝ったチームが「年間女王」となる。

前人未到のW杯30連勝&6連覇 侍ジャパン女子代表を重圧から開放した橘田監督の言葉(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 京都フローラの先発は、リーグ最高勝率の龍田美咲。対するディオーネは勝率部門リーグ2位の堀田ありさ。今シーズン好調の若手同士の投げ合いとなった。

 試合は初回から動いた。1回のディオーネの攻撃。1番・三原遥がセンター前ヒットで出塁。後続が打ち取られ2死二塁となり、迎えるは4番・只埜榛奈。「ランナーを溜めようと右方向を狙って後ろにつなぐ意識でいた」。意識通りに捉えた打球は、フローラのライト中村茜の頭上を越えた。タイムリースリーベースでディオーネが先制した。

 続く2回には、先頭の6番・寺部のフォアボールを皮切りに、打者一巡の猛攻で一挙6点を追加し、シーズン新人王候補の活躍を見せていたフローラ先発・龍田をノックアウトした。

 ディオーネ先発の堀田は、龍田とは対照的な投球だった。初回にフローラ先頭の三浦伊織が放った痛烈なピッチャー強襲の打球をグラブではたき落し、素早く拾い打ち取る。そして2死から3番・中村茜のセンターへ抜けそうな当たりをショート厚ヶ瀬美姫がファインプレー。好守もあり、0点に抑えた。その後も緩急をつけた投球でフローラ打線に的を絞らせず、堀田は5回を投げ2安打無失点と試合を作った。

 6回、堀田からのバトンを受け取った2番手・森若菜、3番手・笠原優子も持ち味を駆使し、0点に抑える。そして7回は、4番手・小原美南が3人で締め試合終了。終わってみては11安打7得点の猛攻、4投手の継投で強力フローラ打線を3安打完封。まさに快勝である。一方、フローラは自慢の打線が機能せず、ディオーネ投手陣の前にランナーは出すものの二塁も踏めずに自分たちの攻撃をさせてもらえなかった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」