野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 金足農・吉田輝星が進路表明会見で語ったこと 決断時期、理由、故郷への思い

金足農・吉田輝星が進路表明会見で語ったこと 決断時期、理由、故郷への思い

今夏の甲子園で準優勝した金足農の吉田輝星投手が10日、秋田市内の同校で記者会見を行い、進路をプロ野球とする意思を表明した。この日、秋田県高野連を通じて「プロ野球志望届」を提出。その後、会見を行い、進路をプロとする決断に至った思いなどを語った。

プロ志望を表明した金足農・吉田輝星【写真:荒川祐史】
プロ志望を表明した金足農・吉田輝星【写真:荒川祐史】

10日に秋田県高野連を通じてプロ志望届を提出

 今夏の甲子園で準優勝した金足農の吉田輝星投手が10日、秋田市内の同校で記者会見を行い、進路をプロ野球とする意思を表明した。この日、秋田県高野連を通じて「プロ野球志望届」を提出。その後、会見を行い、進路をプロとする決断に至った思いなどを語った。

 吉田の会見の内容は以下の通りだ。

◯冒頭挨拶

「本日はお忙しい中、私個人の進路に関する記者会見にお集まりいただき、ありがとうございます。秋田県立金足農業高等学校3年、吉田輝星と申します。甲子園が終わってから、たくさんの方々と話し合い、本日午前、プロ野球志望届を提出いたしました。本日はどうかよろしくお願いいたします」

◯代表質問

――決断した時期は?

「国体が終わって、秋田に帰ってきてから、監督さん、校長先生、両親、部長先生としっかり話し合いをして決めました」

――帰ってきたのは10月3日でした。

「その次の日でした。4日? はい」

――決断の要因は?

「甲子園と国体通して全国大会でしっかり自分たちの力を発揮してチームで勝てたというのが自信に繋がって、そういう決断をしました」

――ご両親の反応は?

「自分がしっかり強い意思を持っているんだったら、自分の意思を尊重すると言われたんですけど、その後の生活の方が長いんで、そこをしっかり考えてから、まだ時間はあるからしっかり考えて決めなさいと言われました」

――プロを本格的に意識するようになったのは?

「国体から帰ってきてから、色んな人と話し合う中で少しづつ意識が出てきました」

――どんなプロ野球選手になりたいか。

「U-18で日の丸を初めて背負わせてもらって、いいピッチングがあまりできなかった。もう1回日の丸を背負って、今度はそういう場で勝てるピッチャーになりたいと思っています」

――人生の転換期を迎えたこの数か月間どう過ごしていた?

「最初は甲子園を目指して、甲子園に出ていたチ――ムを追いかけていたんですけど、やっぱりチーム全体として甲子園を目指して戦っていく中で、追われていく立場になったので、そこで気を抜かずにしっかり自分たちは自分たちのやることをしっかりやろうとやってました」

――自身で大きく変わったなと思うところ。

「甲子園前までは注目のされ方が変わったというのが1番大きいと思います」

――それをどう感じていたか?

「周りの環境が変わったんですけど、しっかり野球の中ではしっかり自分の今まで通りのプレーをしようと思っていました」

――以前巨人が好きだ、巨人に入りたいと話していた。気持ちに変化は?

(司会者)大変失礼ですが、特定の球団に関する質問はご遠慮くださるようにお願いいたします。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」