野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 八戸学院光星が盛岡大附を破り5年ぶり東北王者! 仲井監督「よく粘って勝てた」

八戸学院光星が盛岡大附を破り5年ぶり東北王者! 仲井監督「よく粘って勝てた」

第71回秋季東北地区高校野球大会の決勝が18日、秋田市のこまちスタジアムで行われ、八戸学院光星が5-3で盛岡大附を破り、5年ぶり5回目の優勝を果たした。

秋季東北大会で優勝した八戸学院光星ナイン【写真:編集部】
秋季東北大会で優勝した八戸学院光星ナイン【写真:編集部】

決勝点は後藤の単独スチール(三盗)から生まれ「私もビックリ」

 第71回秋季東北地区高校野球大会の決勝が18日、秋田市のこまちスタジアムで行われ、八戸学院光星が5-3で盛岡大附を破り、5年ぶり5回目の優勝を果たした。

 八戸学院光星は2-2の7回、1死一、二塁から、二塁走者の後藤丈海投手(2年)が三盗を試みると、相手の悪送球の間に生還。さらに2死三塁から内野ゴロ失策の間にもう1点を追加した。

 その裏、1点差に詰め寄られたが、9回に2死二塁から1回に先制2ランを放った3番・武岡龍世内野手が中越えの適時三塁打で5点目を奪いリードを広げた。9回はエース・後藤投手が相手の反撃を振り切り東北王者に輝いた。

 八戸学院光星は、11月9日に開幕する明治神宮野球大会に東北地区代表として出場する。また、1月25日に選考委員会が行われる第91回選抜高校野球大会では、東北地区に一般枠は2あることから、優勝した八戸学院光星と準優勝の盛岡大附の選出が有力となった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」