野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「閉めることが多い」―「野球離れ」に立ち向かうバッティングセンターの今

2014年に平塚球場は「相模石油株式会社」とネーミングライツ契約を締結し、「バッティングパレス相石スタジアムひらつか」と名前を変えている。相模石油株式会社が運営するのが、バッティングパレス秦野・湘南平塚である。

日本のバッティングセンター事情は「潰れるというか閉めることが多い」

「野球離れ」を感じ、イベントなどアクションを起こす鷲尾氏に、日本のバッティングセンター事情を聞いてみた

「潰れるというか閉めることが多い。競技人口減少もそうですが、一家で経営するバッティングセンターは跡継ぎもおらず、土地を売ってしまうパターンも少なくありません」

 これまでの、その名の通り「打つ」だけのバッティングセンターから脱却を目指した。薄々感じていた「野球離れ」に対し、県外へ学びを求め西武が2017年に行った「エンジョイベースボールシリーズ」に足を運んだ。

 そして野球離れをこれまで以上に痛感し、野球にかかわる人たちの総合情報ポータルサイト「球活JP」に加盟した。

 さらに、The Baseball Surferの代表であり、横浜DeNAベイスターズ、オリックス・バファローズや米独立リーグで活躍した古木克明氏と共に、イベントを共催している。湘南の砂浜を活用した「ビーチDEちびっこ野球」やNPB選手も多数参加した「夏フェス親子でベースボール」など、アクションを起こし始めた。2階のトスバッティングスペースでは、古木氏の野球教室も行われている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」