野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍U-12仁志監督が指導者に伝えたい指導理念「指導者ではなく子供に最適な指導」

1月5日に群馬県前橋市で行われた「ぐんま野球フェスタ2019」では、侍ジャパンU-12代表監督の仁志敏久氏が指導者向けの野球教室と講演を行った。

「ぐんま野球フェスタ2019」で指導者向けの野球教室を行った仁志敏久氏【写真:広尾晃】
「ぐんま野球フェスタ2019」で指導者向けの野球教室を行った仁志敏久氏【写真:広尾晃】

「ぐんま野球フェスタ2019」に参加、U-12代表監督で培った理念を紹介

 1月5日に群馬県前橋市で行われた「ぐんま野球フェスタ2019」では、侍ジャパンU-12代表監督の仁志敏久氏が指導者向けの野球教室と講演を行った。

 午前中に行われた野球教室では、少年野球の指導者に対して、ウォームアップやストレッチの方法から、キャッチボール、ゴロの取り方などの指導のコツを伝授。来場したU?12代表選手たちがアシスタント役を務め、実際にプレーを披露した。

 ゴロの捕り方では、従来教えられている「打球の正面で腰を落として捕れ」という方法ではなく、「ボールの右側から流れるように入る」という方法を紹介。後者の方が柔らかく体を使えると説明した。仁志氏は著書やビデオなどを通じて、自身の考える野球技術を紹介しているが、初めて接した参加者も多く、「仁志さんのやり方の方が理に適っているし、説得力がある」と感想を漏らす人もいた。

 午後の講演は「野球を通した子供たちへの教育 ー野球界と子供たちの将来を考えてー」と題して行われた。仁志氏は自身で作成したパワーポイントでの資料を用いて、課題と解決策を丁寧に説明。200人を超える聴講者たちは、熱心に耳を傾けた。

 まず始めに、プロを頂点にアマチュアまで1つのピラミッドにまとまっているサッカー界とは対照的に、野球界はプロ、アマで数多くの組織が分立していることを紹介。統一したライセンス制度もない現状の中で、各世代のチームを持つ侍ジャパンがある程度、野球界をまとめる役割を果たしてきたと説明した。

 さらに、野球人口が激減していることを、中体連軟式野球部加盟生徒数のグラフを使って紹介。野球人口の減少に歯止めをかけるために、指導者に求められる課題を掲げた。

○野球の普及:幅広いプレーヤーの獲得
幼児だけではなく大人も普及の対象。今後は男性だけでなく女性にも、父親だけではなく母親も対象とした普及を目指す。

○子どもたちの問題:楽しいと本気の共存
家庭環境が変化し、野球の存在意義も昔と異なる。競技として熱意の高い層と、趣味と捉えるライト層が混在。子供の実力格差も開く中で、本来の「野球が楽しい、面白いの意味」を理解させよう。

○組織の課題:理念の統一
ピラミッドにはなれない野球界の現実がある一方、せめて地域や単体の組織は1つの理念を持つべき。野球の場合、トップダウンではなく、地域の活動など底辺からピラミッドを作ってもいい。

○指導者のあり方:知識と情熱 
指導する対象によって内容は変わる。昔の指導者は「俺たちの時代は」と言いがちだが、野球指導は進化しているので昔の経験は「ガラクタ」になって使えない。子供たちの将来を見据えて、指導者は「指導することに覚悟を持つべき」。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」