野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • PLMがFOX台湾と3年間の放送契約に合意 パ・リーグの台湾戦略は新たなステージへ

PLMがFOX台湾と3年間の放送契約に合意 パ・リーグの台湾戦略は新たなステージへ

1月12日、パ・リーグ6球団とパシフィックリーグマーケティング(以下PLM)は、台湾のスポーツ専門局であるFOXスポーツ台湾との間で、2019年シーズンから3年間の、台湾におけるパ・リーグ主催試合の放送契約を締結したと発表。15日の14時(日本時間15時)から、台北市内で契約合意の記者会見が行われた。

パ・リーグ6球団とPLM、FOXスポーツ台湾は15日に台北市内で共同記者会見を行った【写真:駒田英】
パ・リーグ6球団とPLM、FOXスポーツ台湾は15日に台北市内で共同記者会見を行った【写真:駒田英】

会見にはロッテのチェン、このオフに北海道日本ハムに入団した王柏融らが出席

 1月12日、パ・リーグ6球団とパシフィックリーグマーケティング(以下PLM)は、台湾のスポーツ専門局であるFOXスポーツ台湾との間で、2019年シーズンから3年間の、台湾におけるパ・リーグ主催試合の放送契約を締結したと発表。15日の14時(日本時間15時)から、台北市内で契約合意の記者会見が行われた。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 会見には、FOXネットワークグループアジア副総裁兼中華圏(台湾・中国)最高業務責任者の蔡秋安氏、PLM代表取締役CEOの根岸友喜氏、そして、千葉ロッテのチェン・グァンユウ、このオフに北海道日本ハムに入団した王柏融らが出席した。

 FOXスポーツ台湾は2014年から、当時、陽岱鋼(現巨人)が所属していた北海道日本ハムの試合を中心に中継を開始。2015年からはチェンや郭俊麟(埼玉西武)の登板試合の中継も始めていき、2016年からはPLMと3年間の放映権契約を締結していた。

 台湾ではオープン戦からパ・リーグ主催公式戦(セ・パ交流戦を含む)、そしてクライマックスシリーズに至るまで、1週間に10試合以上、年間では300試合以上の中継が行われてきた。今回の契約合意により、今シーズンも同様に300試合以上の試合が中継される見通しとなっている。

 なお、今シーズンからはFOXスポーツ台湾のアナウンサーがファンと共に日本の球場を訪れ、台湾出身選手を応援する企画も行われる予定だという。

 FOXの蔡秋安氏は、5年前にパ・リーグの試合中継を検討し始めた当初は台湾出身選手が2人しかいなかったこともあり、大多数の台湾のファンにとって同リーグは身近な存在ではなく、手探りの状態であったと当時のことを振り返った。

 「こういった状況では自ら知恵をしぼるだけでなく、日本側の受け入れが必須といえる状態だった。そして、この数年間にわたって、FOXグループとPLMの両社は素晴らしいパートナーシップ関係を築くことができた」と現状についての喜びを見せていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」