野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

女子野球の醍醐味「開脚キャッチ」を体現する奥村奈未 「無失策でプレーしたい」

日本女子プロ野球リーグ(JWBL)は「選手たちのこだわり道具紹介」と題し特集を組み、選手たちの思いが詰まった野球道具を紹介している。「美女9総選挙」で2位だった京都フローラのみなみ外野手に続く、第2弾は同6位・奥村奈未内野手だ。

開脚キャッチの極意は「思い切って捕りにいく勇気も必要」

――グラブの手入れ方法や保管の仕方は?

2018年侍ジャパン全カテゴリーの熱戦を振り返る トップチーム日米野球の圧巻勝利で幕(侍ジャパン応援特設サイトへ)

「汚れを落とすだけです。重くなると使いにくくなるので、汚れを落とす専門のウェットティッシュ使って磨いています。革の感じを見ながら、乾きすぎないようにオイルを塗っています。使わない時はボールを挟んで、巾着の中で保管します。グラブの上には物を絶対に置かないように意識しています」

――守備で影響を受けた選手、コーチは?

「大山コーチ(現埼玉アストライアコーチ)です。ファーストを始めたアストライア時代に開脚キャッチを教わりました。体は柔らかいほうだったので開脚自体はすぐにできたんですが、タイミングの合わせ方などは難しかったので大山コーチに教わりながら練習しました」

――ずばり開脚キャッチの極意とは?

「送球のタイミングに合わせることは一番重要なんですけど、思い切って捕りにいく勇気も必要だと思います。でも何が何でも捕りにいけば良いわけではないので、『勝負に行く場面』なのか『絶対に後ろに逸らしてはいけない場面』なのかは、常に考えていないとダメですね」

――最後に今シーズンの意気込みを教えてください

「無失策でプレーしたいと思います! 自分自身がエラーをしないように取り組むのは当たり前ですけど、味方の野手が送球ミスをしてもファーストの私がカバーできれば、エラーは付かないのでチームのエラーを最小にするためにも意識して守備に付きたいと思います」

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」