野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

1度は野球を諦めた苦悩の選手 四国独立L「エイトマン」が手にした野球ができる喜び

野球選手にはそれぞれ独自の経歴があり、中には1度は野球から離れたが再びグラウンドに戻ってきた選手もいる。その1人が梶栄斗外野手だ。

愛媛マンダリンパイレーツに入団した梶栄斗【写真:本人提供】
愛媛マンダリンパイレーツに入団した梶栄斗【写真:本人提供】

愛媛マンダリンパイレーツに入団した梶栄斗

 野球選手にはそれぞれ独自の経歴があり、中には1度は野球から離れたが再びグラウンドに戻ってきた選手もいる。その1人が梶栄斗外野手だ。

【動画】プレーヤー必見! 遠投やランニング…MLBの“鬼才”バウアーが明かす独自の練習法

 梶は兵庫県出身で走攻守三拍子揃った左打ちの外野手。平成8年8月8日生まれで名前が「栄斗」という理由から「エイトマン」の愛称で親しまれている。市尼崎高時代には主軸としてチームをけん引し、県内屈指の選手として注目を浴びた。卒業後は中央大、米国でのプレーを経て今季から四国アイランドリーグの愛媛マンダリンパイレーツに入団した。

 デビュー戦となった4月20日の高知ファイティングドッグス戦では「5番・指名打者」としてスタメン出場すると3打数1安打1得点。翌日の香川オリーブガイナーズ戦では盗塁を決めるなど幸先のよいスタートを切った。結果を残し、彼の表情は安堵と喜びに満ち溢れていた。

 無事に独立リーグデビューを飾った梶だが、遡ること1年半前、彼は野球から距離を置いていたという。その理由について梶は当時を思い出すようにゆっくりとした口調で次のように話した。

「大学時代、トミー・ジョン手術をしたこともありスタートが遅れ、感覚が鈍り中々自分の実力を発揮することができずにいましたが、そこからうまく立て直しコンスタントに打てるようになりました。しかし、チームの方針とプレースタイルの不一致があり、対応できずに最終的には自分の野球を見失っていました。そこからは試合でいいプレーをしようが、三振しようが何も感じなくなってしまった自分がいました」

 梶自身、このような気持ちになったのは初めて。誰にも相談できないまま、ただ時間だけが過ぎていった。そして3年春のリーグ戦終了後には「このまま野球を続けるべきか」と考えるまで追い込まれていた。そして結果、梶は野球以外の世界を知るためにプレーをしないと決断した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」