野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 海外
  • 家の未契約&未払い続くも… 元DeNA久保康友、8回3失点でチームトップ4勝目

家の未契約&未払い続くも… 元DeNA久保康友、8回3失点でチームトップ4勝目

メキシカンリーグのブラボス・デ・レオンに所属する元DeNAの久保康友投手が26日(日本時間27日)、敵地アグアスカリエンテスで行われたリエレロス・デ・アグアスカリエンテス戦に先発し、8回5安打3失点でチームトップとなる今季4勝目を挙げた。試合は12-6でレオンが勝利。20勝25敗で南地区5位をキープした。久保は11試合で4勝4敗、防御率5.56となった。

メキシカンリーグのブラボス・デ・レオンでプレーする久保康友【写真:球団提供】
メキシカンリーグのブラボス・デ・レオンでプレーする久保康友【写真:球団提供】

「相手打線は落ちるボールを待っていると思ったので、攻め方を変えた」

 メキシカンリーグのブラボス・デ・レオンに所属する元DeNAの久保康友投手が26日(日本時間27日)、敵地アグアスカリエンテスで行われたリエレロス・デ・アグアスカリエンテス戦に先発し、8回5安打3失点でチームトップとなる今季4勝目を挙げた。試合は12-6でレオンが勝利。20勝25敗で南地区5位をキープした。久保は11試合で4勝4敗、防御率5.56となった。

【PR】今季は11球団主催試合を配信 DAZNの“トリセツ”楽しむためのポイントは?

「今日は、相手打線は落ちるボールを待っていると思ったので、攻め方を変えた。多くの打球が野手の正面に飛んでくれたので助かった。被安打の割に失点が多く、無駄な四球もあったので、もっと少ない失点に抑えられるようにしたい」

 開幕戦でメキシカンリーグ初勝利を挙げた相手を、頭脳的な投球でまたもねじ伏せた。7回無失点だった4月5日の開幕戦ではスプリットを多用し、10奪三振。落ちるボールで9つの空振り三振を奪った。だか、この日は相手打線の裏をかき、スプリットの割合を減らして直球を増やし、ほかの変化球も活用。今季先発では最少の3奪三振だったが、打たせて取る投球でアウトの山を築いた。

 アグアスカリエンテスは標高約1900メートルで気圧が低く、本拠地レオンよりも球場が狭いため、打者天国といわれる。さらにこの日は空気が乾燥しており、投手にとってはボールを扱いにくい気候だったが、4月23日のレオネス・デ・ユカタン戦以来、先発では6試合ぶりの被本塁打ゼロだった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」