米で強豪メキシカンリーグと対戦 アジアンブリーズのターニングポイントとなった一戦

アジアンブリーズがメキシカンリーグの強豪と対戦【写真提供:色川冬馬】
アジアンブリーズがメキシカンリーグの強豪と対戦【写真提供:色川冬馬】

メキシカンリーグの強豪と対戦

 プロ契約を目指し米国で1か月間、試合を行ったアジアンブリーズの対戦相手はプロアマと多種多様。その中でターニングポイントとなった試合がある。それはメキシカンリーグチームとの対戦だ。

 約1か月間に渡る米国での試合の中で、メキシカンリーグに所属するティファナ・ブルズとキンタナロー・タイガースとの試合が組まれた。全16チームから成るメキシカンリーグは北部と南部、それぞれ8チームずつに分かれてリーグ戦が開催されている。今回対戦したティファナは昨春、MLBのオープン戦で大谷翔平選手と対戦したことが記憶に新しい。一方でキンタナローは強豪球団の1つに数えられ、2010年には大家友和氏が在籍していた。

 なぜ、メキシカンリーグで名だたる2球団と対戦が実現したのか。創設者の色川冬馬氏は「新たな選択肢としてメキシカンリーグのチームとの試合を考えました。なぜなら、誰もやったことがないからです」とその意図を語る。独自でトライアウトの仕組みを構築できるチームの強みを生かした結果が、今回の試合に繋がったと言えるだろう。

 色川氏にメキシカンリーグの球団と試合を振り返ってもらうと「投手陣が踏ん張っていたのですが、その一方で野手陣は攻めきれていませんでした」と答えが返ってきた。同時に「あくまでもアジアンブリーズの目的は選手がプロ契約を勝ち取ること。しかし、試合中に攻める姿勢はトライアウトに左右しますし、どの機会を取っても一生に一度になるかもしれないので、後悔を残して欲しくなかったのです」と強調した。

町全体を動かしたアジアンブリーズ

RECOMMEND

CATEGORY