野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 高校野球
  • 「奥川さんがいなくても…」 常勝・星稜、チームを支える投手力とは

「奥川さんがいなくても…」 常勝・星稜、チームを支える投手力とは

春の大会に限れば北信越大会は4連覇。昨春からは3季連続で北信越大会の頂点に立ち、ここ数年、北信越地域では敵なしと不動の地位を築き上げている星稜。特にメンバーが入れ替わる高校野球では何年も勝ち続けることは容易なことではない。

北信越大会・4連覇を果たした星稜【写真:沢井史】
北信越大会・4連覇を果たした星稜【写真:沢井史】

北信越大会は春4連覇、昨秋から3季連続制覇

 春の大会に限れば北信越大会は4連覇。昨春からは3季連続で北信越大会の頂点に立ち、ここ数年、北信越地域では敵なしと不動の地位を築き上げている星稜。特にメンバーが入れ替わる高校野球では何年も勝ち続けることは容易なことではない。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 特に今年はエースの奥川恭伸(3年)が大黒柱だ。1年時から注目され、昨夏の甲子園では150キロをマーク。昨秋の神宮大会では相手を全く寄せ付けないピッチングで、一気に世代ナンバーワンと称されるまでになった。今春のセンバツは初戦の履正社戦で17奪三振完封勝利を挙げるも、2回戦(習志野戦)で惜敗。最後のシーズンとなる今夏も一層熱い視線を浴びることになる。

 だが、“大エース”がいる故にチームがなかなか機能しないこともあるのが高校野球だ。エースの快投に頼らずに…とは口で言っても、打線が振るわず、良い試合をしても勝てない。センバツの習志野戦も星稜打線が相手投手を最後までとらえ切れず、接戦の末1-3で敗れた。その後、4月中旬の練習試合後に肩の張りを訴えた奥川は実戦マウンドから遠ざかった。直後に開幕した春季県大会。初戦の七尾戦では2年生左腕の安土慶―寺沢孝多(3年)のリレーで勝ち、以降も荻原吟哉、寺西成騎の両2年生右腕がマウンドを守り続けた。奥川は飲み物を運んだり、グローブの受け渡しなど選手のサポート役に回り、チームをバックアップ。ブルペンには一度も入ることはなかった。

 大黒柱が不在の中、チームはどう戦っていくか。捕手の山瀬慎之助主将は小学4年からバッテリーを組む、受け慣れたエース以外の投手陣に対し、気にかかることがあればすかさず声を掛け続けた。普段の練習では時にはチームメイトに厳しく指摘し、辛口な言葉を並べることもある。後輩はたじろぐこともあるが、山瀬は個々で自分の役割を理解し、どう戦っていくべきかを自覚して欲しかった。県大会決勝では県内のライバルでもある日本航空石川と対戦し、先発の荻原は2回に連続ホームランを浴びるも7回途中まで粘投した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」