野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 【あの夏の記憶】埼玉の高校野球番組に抜擢された元球児のイケメン俳優 心に残る“夏の後悔”

【あの夏の記憶】埼玉の高校野球番組に抜擢された元球児のイケメン俳優 心に残る“夏の後悔”

第101回全国高等学校野球選手権埼玉大会の開催中に放送しているテレ玉「高校野球ダイジェスト2019」(試合開催日の午後9時~9時30分に放送)のMCに抜擢された俳優の神田穣さんは、自身も埼玉県内の高校の硬式野球部に所属し、仲間とともにプレーした。高校卒業後は単身で渡米し、米国の野球に挑戦。その後、母親が大手芸能プロ・石原プロモーションの「次世代スター発掘オーディション」に応募し、なんとグランプリを獲得。2017年5月に俳優デビューし、この度、愛する野球に携わる仕事に就いた。そんな神田さんが抱く高校野球への思いを聞いた。

高校野球、最後の夏にはメンバーとの温度差も…

 夏の大会の試合当日。最後の夏に懸けるメンバーとの自分の温度差は確かにあった。神田さんはスタンドで観戦していた。試合は接戦で、同点の8回裏に1点を勝ち越され、3-4で敗れた。不思議だった。大粒の涙があふれ出た。一度は背を向けた野球部。気が付けばチームで誰よりも泣いていた。

【動画】プレーヤー必見! 遠投やランニング…MLBの“鬼才”バウアーが明かす独自の練習法

「後輩からも『(僕が)こんなに泣くとは思わなかった』って言われちゃいました。当時はわかりませんでしたが、今になって考えてみると3年間をやり切れなかった悔しさだと思います」

 意地は張っていても、感情はコントロールできなかった。けがとはいえ、途中で気持ちを切らさなければベンチの中で最後までグラウンドで戦えたかもしれない。

 神田さんの高校野球は不完全燃焼で幕を閉じた。

 あの夏の甲子園は、群馬・前橋育英高が初優勝を果たした。その時、神田さんは渡米の準備をしていた。元々、穣(じょう)という名前もアメリカのメジャーリーガーになってほしいという願いを込めて両親に付けてもらった名前だった。

「父も母も野球が大好きで『大リーガーになれ!』と。僕が野球から離れている時に母がいつの間にかトライアウトに応募していて、受けに行きました。いくつか受かったので、留学先をその中から1校選びました」

 メジャーリーガーになろうだなんていう野望は持っていない。右肩痛の全治1年が過ぎようとした頃、痛みは消え、ボールが投げられるようになっていた。だからこそ、もう一度、野球に挑戦したい気持ちになった。

 渡米後はカリフォルニア州のサンノゼの大学や、ロサンゼルスのクラブチームでプレーした。米国人とのパワーの違いを肌で感じた。何度も何度もバットをへし折られた。

「言葉も野球も難しかったですが、得たものは数えきれないので、僕はアメリカに行ってよかったと本当に思っています」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」