野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

京都フローラが春夏連覇を達成! 埼玉アストライアが2位確定

女子プロ野球の夏季リーグは20日に2試合が愛知県・一宮市営球場で行われ、第1試合では京都フローラが埼玉アストライアを9-1で勝利した。

夏季リーグ優勝を果たした京都フローラナイン【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】
夏季リーグ優勝を果たした京都フローラナイン【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】

7月20日の第1試合で勝利した京都フローラがマジック1とする

 女子プロ野球の夏季リーグは20日に2試合が愛知県・一宮市営球場で行われ、第1試合では京都フローラが埼玉アストライアを9-1で勝利した。

2018年侍ジャパン全カテゴリーの熱戦を振り返る トップチーム日米野球の圧巻勝利で幕(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 京都フローラは2回に猛攻を仕掛けて、埼玉アストライア先発の磯崎を襲う。1死満塁で8番田中が左前へ2点適時打を放ち先制すると、三浦伊織、厚ヶ瀬が連続適時打を放つなど、この回一挙7点を奪った。5回には2死満塁の場面で、4番の岩谷美里が猛打賞となる左翼線への2点適時打で2点を追加してダメを押した。

 埼玉アストライアは最終回の7回に太田が移籍後初ヒットを放ち、新加入組が活躍を見せたが、時すでに遅し。8点差を埋めることはできなかった。京都フローラは、これで優勝へのマジックナンバーを1とし、春夏連覇へ王手をかけた。一方の埼玉アストライアは泥沼の6連敗となった。

 この日、ヒロインに輝いた田中亜里沙は試合後に「2安打2打点で今シーズン2回目のヒロインになることができました。龍田選手、今井巴菜選手のナイスピッチングと野手みんなの打線が爆発したフローラ全員がヒロインの試合でした。優勝まであと1勝、フローラらしい試合をして優勝したい」と語った。

 この日の第2試合では愛知ディオーネが8-1で京都フローラに8-1で快勝した。久々の地元愛知での開催で、なんとしても目の前での胴上げを阻止したかった愛知ディオーネ。先発は堀田ありさに託され、京都フローラは植村美奈子がマウンドに。オールスターゲームと同じ顔合わせとなった。

 愛知ディオーネは初回、4番金城のタイムリーを皮切りに一挙3点を奪って先制に成功。3回には、寺部の犠飛で4点目をあげ、2死一、二塁で移籍後初スタメンとなった前田がレフトの頭上を越える適時二塁打を放った。4回にも1点を追加して、リードを7点に広げ、一方的な試合に持ち込んだ。

 京都フローラは5回1死満塁とすると、4番岩谷の犠飛で1点を返すものの、反撃もここまで。最後は坂東がランナーを出すも打たせてとるピッチングで締め、試合終了。6月14日以来約1か月ぶりとなった一宮開催で勝利し、この日誕生日だった碇監督に白星をプレゼントした。試合後、前田は「移籍後初めてのスタメン起用で、なんとかチームの勝利に貢献したいと思っていたので一安心でした。」とコメントしていた。一方、京都フローラの優勝は7月21日以降に持ち越しとなった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」