野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

埼玉が京都に快勝、主砲泉が4安打2打点と爆発 「4番の仕事をしようと…」

女子プロ野球秋季リーグは6日、埼玉県所沢航空公園野球場で2試合が行われ、第1試合は京都フローラが6-0で愛知ディオーネに完勝し、第2試合は埼玉アストライアが3-0で京都フローラを破った。

埼玉アストライア・泉由希菜【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】
埼玉アストライア・泉由希菜【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】

京都植村が今季6度目の完封でハーラートップタイの10勝目

 女子プロ野球秋季リーグは6日、埼玉県所沢航空公園野球場で2試合が行われ、第1試合は京都フローラが6-0で愛知ディオーネに完勝し、第2試合は埼玉アストライアが3-0で京都フローラを破った。

5度目のW杯出場は「目指します」 女子代表・川端友紀が特別な価値を置く場所(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 第1試合は愛知が松谷比菜乃、京都は植村美奈子が先発した。京都は1回1死一、三塁で4番岩谷がプロ通算400安打となる右翼線2点三塁打を放ち先制。続く中村にも適時打が飛び出すと、その後も失策や適時打で得点を重ね、打者一巡の猛攻で一挙6点を挙げた。

 愛知は2回から久保がマウンドに上がり、3イニングを無安打無失点の好投。その後は笹沼、黒長とつないで追加点を与えなかった。

 投手陣の奮闘に応えたい愛知打線だったが、京都・植村の投球に沈黙。植村は3安打6奪三振で今季6度目の完封勝利を飾り、ハーラートップタイの10勝目(3敗)を挙げた。

 植村は「力強く投げることができました。先頭打者を打ち取ること、守備の時間を短くすることを意識し、ストライク先行で行こうと考えていました。女王決定戦もあるので状態を上げてこれからの試合にも臨んでいきます」とコメントした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」