野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ドラフト候補の東北福祉大・津森、満塁被弾翌日に好投 運命の日へ「待つだけ」

仙台六大学野球秋季リーグ戦は7日、最終節第3日が行われ、東北福祉大が6-1で仙台大を下し、4季連続72度目の優勝を飾った。ドラフト候補の津森宥紀(4年・和歌山東)は前日の2回戦で満塁本塁打を浴びて敗戦投手となったが、この日は最終回を3人で抑え、ドラフト前最後のリーグ戦登板を締めた。

仙台六大学野球秋季リーグ戦で優勝した東北福祉大の選手たち【写真:高橋昌江】
仙台六大学野球秋季リーグ戦で優勝した東北福祉大の選手たち【写真:高橋昌江】

東北福祉大が4季連続72度目の優勝、津森は最終回を3人斬り「みんなのおかげで勝てた」

 仙台六大学野球秋季リーグ戦は7日、最終節第3日が行われ、東北福祉大が6-1で仙台大を下し、4季連続72度目の優勝を飾った。ドラフト候補の津森宥紀(4年・和歌山東)は前日の2回戦で満塁本塁打を浴びて敗戦投手となったが、この日は最終回を3人で抑え、ドラフト前最後のリーグ戦登板を締めた。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 最後の打者を右飛に打ち取ると、マウンド上の津森を中心に歓喜の輪ができた。「みんなのおかげで勝つことができました」。安堵の表情を浮かべたドラフト候補。前日はタイブレークの延長10回に満塁弾を浴びて敗れたが、もう負けが許されない決戦は147キロの直球で空振り三振を奪うなど、持ち前の気持ちを前面に押し出した投球を披露した。

 東北福祉大と仙台大はともに8戦全勝で最終節を迎え、2勝して勝ち点を取った方が優勝の天王山だった。5日の1回戦は9-9でタイブレークに突入。延長10回、プロ志望届を提出している仙台大の左腕・大関友久(4年・土浦湖北)から東北福祉大の4番・清水聖也(4年・智弁学園)が満塁弾を放って決着をつけ、13-9で東北福祉大が先勝した。

 6日の2回戦は、リーグ戦初先発の仙台大・長久保滉成(1年・弘前学院聖愛)が8回まで5安打1失点と東北福祉大の打線をピシャリ。しかし、4-1の9回に東北福祉大の3番・永濱晃汰(4年・明秀日立)が3ランを放って同点とし、2戦続けてタイブレークになった。そして延長10回、前日のお返しとばかりに仙台大・川村友斗(2年・北海)がグランドスラム。抑えとして10回から登板した津森から値千金の一発を放ち、8-4で勝った仙台大が優勝へ逆王手をかけた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」