野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

元近鉄・金村氏が語る昭和のプロ野球豪快伝説 「1人私服でセカンドバッグ…」

21世紀を迎え、野球界で最も大きく変化したことの1つは、選手の意識の変化にあるだろう。野球選手としてはもちろん、1人のアスリートとしての意識が高い選手が増え、それぞれに野球のスキルアップアップ以外にも、コンディショニングや栄養など自己管理を徹底する選手がほとんどだ。だが、まだコンプライアンス(法令遵守)という言葉が一般的ではなかった1990年代以前の野球界には、まことしやかな伝説が数多く残されている。軽快な語り口で各種メディアに引っ張りだこの元プロ野球選手、金村義明氏も、そんな時代に現役時代を過ごした。

「NOMOベースボールクラブ」の理事として野茂氏とは毎年必ず再会

 もう1人、毎年必ず会う大好きな後輩がいる。それがメジャーでも活躍した野茂英雄氏だ。野茂氏が代表理事を務める「NOMOベースボールクラブ」に金村氏も理事として参加。「野茂の方が年は下なんですけど、ずっと先輩を立ててくれるんでね」と、うれしそうに目尻を下げる。

「僕は野球を辞めた後、なかなか大変な時期もあったんですが、その時も野茂がいたから頑張れたというのはあります。パイオニアとして一人で海を渡ってメジャーに行って、あれだけ頑張って成績残してね。野茂はみんなの太陽であり、頑張れる源でもありました」

 毎年、NOMOベースボールクリニックとNOMO CUPが開催される時期になると、かつて近鉄でともに戦った仲間が集合する。

「参議院議員になった石井浩郎は来れなくなりましたけど、光山(英和)、赤堀(元之)、野球を離れてトレーナーになった池上(誠一)や小池(秀郎)なんかも来てくれます。集まって飲めば、近鉄がセコかった話とか、アホほど飲んだ話とか良く出ますよね。みんな意外と記憶力がいいんですけど、都合のいいことばっかり覚えてるから、僕が全然覚えていないこともあったりしてね。そんなん言うたかな? ムチャクチャやったなぁ、みたいな(笑)」

 野球が繋いだ縁は、年月を経ても途切れない力を持っている。

(佐藤直子 / Naoko Sato)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」