野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

元近鉄・金村氏が語る昭和のプロ野球豪快伝説 「1人私服でセカンドバッグ…」

21世紀を迎え、野球界で最も大きく変化したことの1つは、選手の意識の変化にあるだろう。野球選手としてはもちろん、1人のアスリートとしての意識が高い選手が増え、それぞれに野球のスキルアップアップ以外にも、コンディショニングや栄養など自己管理を徹底する選手がほとんどだ。だが、まだコンプライアンス(法令遵守)という言葉が一般的ではなかった1990年代以前の野球界には、まことしやかな伝説が数多く残されている。軽快な語り口で各種メディアに引っ張りだこの元プロ野球選手、金村義明氏も、そんな時代に現役時代を過ごした。

軽快な語り口で各種メディアで活躍する金村義明氏【写真:佐藤直子】
軽快な語り口で各種メディアで活躍する金村義明氏【写真:佐藤直子】

新番組で「そこそこ昔」の1980年代~90年代の野球界を爆笑回顧

 21世紀を迎え、野球界で最も大きく変化したことの1つは、選手の意識の変化にあるだろう。野球選手としてはもちろん、1人のアスリートとしての意識が高い選手が増え、それぞれに野球のスキルアップアップ以外にも、コンディショニングや栄養など自己管理を徹底する選手がほとんどだ。だが、まだコンプライアンス(法令遵守)という言葉が一般的ではなかった1990年代以前の野球界には、まことしやかな伝説が数多く残されている。軽快な語り口で各種メディアに引っ張りだこの元プロ野球選手、金村義明氏も、そんな時代に現役時代を過ごした。

 近鉄、中日、西武で18年間プレーした金村氏は、10月18日からAmazonプライムビデオで「プロ野球そこそこ昔ばなし」という新番組にレギュラー出演している。現役だった1980年代から90年代にあたる「そこそこ昔」の豪快、かつ衝撃のエピソードをMCのナイツを交えて披露しながら、元中日の山崎武司氏や元ロッテの里崎智也氏ら同時代を戦ったゲストと語り、大いに盛り上がる。

 18年のプロ野球生活の中で、様々な野球人と出会ってきた金村氏だが、最も豪快だった人物は誰だったのだろうか。

「この前、番組に出てくれた山崎武司なんかもラストサムライ的な豪快さを持つけど、僕の見ていた中では、栗橋茂という近鉄の4番打者が一番豪快でしたね。今も独身で藤井寺で飲み屋をやってるけど、現役時代は本当にお金を相当ばらまいた。女性に騙されてお金を払ったり、先輩にも金を貸したり。当時の芸人さんにも貸してましたよ(笑)。本当に優しくていい人で、それでもってキレると怖い人で。ウェートトレーニングなんてしたことがないのに、ヘラクレスみたいな体をしたパワー打者でした」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」